27
June , 2017
Tuesday


18年封切り「スター・イズ・ボーン」のワンシーンを主演のガガが初公開

2017年4月19日(水)03時45分更新

ブラッドレーと共演するガガ(@ladygaga/instagram)

ブラッドレーと共演するガガ(@ladygaga/instagram)

 米歌手レディー・ガガ(31)が今週、自身が初主演する映画「スター・イズ・ボーン」(原題)のワンシーンをインスタグラムで公開した。名作「スター誕生」のリメイク作で2018年に公開が予定されている。

 公開された画像は、ギターを弾く米俳優ブラッドレー・クーパー(42)の横で熱唱するガガをとらえた一枚。

 画像には「幸運にも“友達”と呼べる人と一緒に、初めて映画に主演できることにワクワクしています。映画女優になることにずっとあこがれていました。『スター・イズ・ボーン』は特別な作品。夢をかなえてくれたブラッドレーには感謝しています」とメッセージを添えた。

 「スター・イズ・ボーン」が最初に映画化されたのは1937年。邦題は「スタア誕生」。ジャネット・ゲイナーとフレドリック・マーチが主演した。54年に最初のリメイク版が製作され、邦題は同じ「スタア誕生」。ジュディ・ガーランドとジェームズ・メイソンが共演した。

 その後、76年にバーブラ・ストライサンドとクリス・クリストファーソンが主演する再リメイク版がヒット。邦題は「スター誕生」。ロック界のスーパースター、ノーマン(クリス)が、場末のクラブで歌うエスター(バーバラ)の才能に惚れ、メジャーデビューさせるや、あれよあれよという間にスターダムに。一方、ノーマンは酒に溺れ、人気も陰りをみせ、経済的にも破綻する…。

 今回のリメイク作品は、76年版に近いストーリーになりそうだ。