28
July , 2017
Friday


出産からわずか3か月で離婚のジャネット・ジャクソン ツアー再開を発表

2017年5月2日(火)04時30分更新
Pocket

先月初公開した息子エイッサとジャネットのツーショット写真(@JanetJackson/twitter)

先月初公開した息子エイッサとジャネットのツーショット写真(@JanetJackson/twitter)

 今年1月に第1子を出産したと思ったら、産後わずか3か月で中東出身の大富豪の夫と破局した米歌手ジャネット・ジャクソン(50)が今週、昨年から延期していたツアーを再開するとビデオメッセージで明らかにした。

 2015年にリリースしたアルバム「アンブレイカブル」を引っ下げ、9月7日にルイジアナ州ラファイエットを皮切りに「ステート・オブ・ザ・ワールド」ツアーをスタート。12月17日まで北米56公演を予定している。

 ジャネットはビデオで「ハイ、みんな。ジャネットよ。赤ちゃんが生まれてからすごく体重が増えたから、私のこと、もう分からないかもね」と冗談交じりにあいさつ。確かに、かなりポッチャリして見て取れる。長男エイッサについては「すごく元気で美しくて可愛くて愛らしいハッピーなベイビーよ」と紹介した。

 ジャネットは先月、「昼寝の時間の後のベイビーと私」とメッセージを添え、息子とのツーショット写真をツイッターで初公開したばかり。

 一方、2012年に結婚したカタール人の夫ウィサム・アル・マナ氏については「現実的なことも話さないといけないわ」と前置きし、「そう、私は夫と別れました。現在、裁判中で、後のことは神のみぞ知るよ」と5年の結婚生活にピリオドを打ったことを明かした。

 ただし、米芸能誌「ピープル」などによると、2人は互いに憎しみ合っての破局ではないらしく「今も関係は良好」で「今後も育児は共同で行う」としている。

 昨年春、妊娠したことで体調を考慮し、延期していたツアーを再開させることについてジャネットは、「約束通り、ツアーを続けるわ。今はすごくワクワクしている。みんなに会えることが待ちきれない」とファンに現在の心境を伝えた。

 ジャネットはロンドンを拠点に活動。子供が成長するまでは英国に留まり、将来は米国に帰国する計画のようだ。