29
June , 2017
Thursday


英爆破テロ遭遇のアリアナ・グランデ 帰国のプライベート機巡り情報錯綜

2017年5月24日(水)02時44分更新

仲良しの2人ではあるが…(@taylorswift/instagram)

仲良しの2人ではあるが…(@taylorswift/instagram)

 22日夜に英国・マンチェスターで起きた爆破テロに遭遇し、心に大きな傷を負った米歌手アリアナ・グランデ(23)は翌日、すぐ専用機で帰国した。ところが、帰国に使われた飛行機は「テイラー・スウィフトが自分のプライベート機の1機を友人であるアリアナのために提供したもの」と一部メディアが報道。アリアナの関係者はそれを完全否定するなど、混乱の中で情報が交錯した。

 関係者によると、欧州ツアーを中断したアリアナの緊急帰国のため、プライベート機を用意したのはツアーを企画したプロモーター「ライブ・ネーション」とアリアナのマネジャー、スクーター・ブラウン氏。費用は両者が折半したという。

 同機は米国時間23日午後、マイアミに到着。空港では恋人で米ラッパーのマック・ミラー(25)が傷心のアリアナを出迎えた。

 アリアナとテイラーは親しい友人同士として知られてはいるものの、なぜテイラーのプライベートジェットの話が浮上したのかは不明だ。