16
December , 2017
Saturday


アドミラブル ジンクス打ち破り頂点へ

2017年5月25日(木)09時37分更新
Pocket

デビュー戦では2秒2差の9着と大敗を喫したアドミラブルだが、ノド鳴りの手術後は未勝利↓アザレア賞→青葉賞と3連勝。いずれも楽勝で青葉賞では出遅れながら4角では大外からひとマクリ。直線もフラつきながら、2着馬に2馬身半差をつける破天荒な勝ちっぷりだった。青葉賞組はダービーを勝てないというジンクスをも打ち破りそうな勢いだ。母スカーレット(父シンボリクリスエス)は不出走馬。アドミラブルの全兄姉となるタブレット(6戦2勝)、イサベル(10戦4勝)も重賞級の素質を見せていたが、体質の弱さから大成する前に引退している。祖母は府中牝馬S2着、4歳牝馬特別(オークスTR)3着のグレースアドマイヤ。産駒に皐月賞のヴィクトリー、阪神大賞典などGⅡを3勝し、有馬記念、菊花賞、天皇賞・春で2着したリンカーン、そしてローズS、フローラS各2着のグローリアスデイズ(オークス4着ジェラシーの母)がいる。曽祖母バレークイーンは日本ダービーのフサイチコンコルド、皐月賞のアンライバルド、京成杯のボーンキング、種牡馬としてカンパニー(天皇賞・秋、マイルCS)を出したミラクルアドマイヤを輩出。さらに孫には函館2歳Sに勝ち、阪神JFで2着したアンブロワーズがいる。父は日本ダービー馬3頭を送り出すディープインパクトで、近親には皐月賞馬2頭と日本ダービー馬がいるアドミラブル。3歳春の頂点を極めるにふさわしい血統だ。 (笹栗康昭)