29
June , 2017
Thursday


フェイスブック創始者ザッカーバーグ氏 母校ハーバードからついに学士号

2017年5月26日(金)03時15分更新

名誉法学士の証書を手にしたザッカーバーグ氏と両親のエドワードさんとカレンさん(@zuck/instagram

名誉法学士の証書を手にしたザッカーバーグ氏と両親のエドワードさんとカレンさん(@zuck/instagram

 米名門ハーバード大学在籍中にフェイスブックを立ち上げ、弱冠25歳にして米経済誌「フォーブス」の「世界で最も若い10人の億万長者」リスト第1位にもなったマーク・ザッカーバーグ氏(33)が、学生時代に忘れてきた“あるモノ”をついに手に入れた。

 それはハーバード大の「学士号」。同大の卒業式に25日、招待されたザッカーバーグ氏は名誉法学士号を授与され、今年の卒業生を前にしてスピーチした。

 「私は今日、この演説を終えたら、ハーバード大で初めて何かを成し遂げたことになる」とユーモアたっぷりに話した。

 ザッカーバーグ氏は2002年、同大に進学したがフェイスブックという新たなSNSを立ち上げるため04年に大学を休学。1年後に中退した。

 現在、フェイスブックの共同創業者兼CEO(最高経営責任者)を務める同氏は、2016年「フォーブス」の長者番付で世界第6位。総資産は446億ドル(約4兆9700万円)に上る。