14
December , 2017
Thursday


ギュウ農フェス「開運!アイドル☆パンチナイト」開催

2017年5月26日(金)07時00分更新
Pocket

 「地下アイドルという名称は好きじゃないんだよね」と語ったのは、今回のライブを主宰するギュウゾウさん(Twitter@gyuzo_rock)の言葉。「ライブアイドル」うん! それってあっているなと思いました。 5月17日東京・渋谷MilkyWayで開催されたライブは、ライブパフォーマンスに長けたアイドルたちが集合! 名称は、「ギュウ農フェス『開運!アイドル☆パンチナイト』」です。

 これは、RADIO BERRY(FM栃木/76.4FM)にて毎週木曜日21:00~放送中の30分音楽系トーク番組「ギュウゾウと里咲りさのアイドル☆パンチ!」のスペシャルイベント。地下アイドル三巨頭のシャチョーこと里咲りさちゃん(Twitter@risamusic925)、MCなどでも活躍するぱいぱいでか美ちゃん(Twitter@paipaidekami)、ちゃん付けまでが名前です!絵恋ちゃん(Twitter@erenism)に、麻雅取材入ります!の劇場版ゴキゲン帝国(Twitter@gokigen_teikoku)、3月より新メンバー加入して活動中のエレクトリックリボン(Twitter@eribon_official)、サイケなサウンドとダンスがカッコいいミシェルことMIGMA SHELTER(Twitter@MIGMASHELTER)が登場しました。

 

 さて今回の取材は、ラジオとゴキ帝なのですが、それぞれに個性を打ち出すダンスと楽曲を揃えているアイドルたち。公称14歳のアイドルらしさ全開かつ赤裸々感や毒舌たっぷりの絵恋ちゃん。ぱいぱいでか美ちゃんの、6月30日を持って芸能活動を引退するももちこと嗣永桃子に捧げた楽曲「桃色の人生!」は愛がこもった珠玉サウンド。エレクトリックリボンはキュートさとアプローチの強さ、そしてダンスコンビネーションが冴える。ミシェルのエスニックなサウンドはトーキングヘッズを思い出しました。ダンスパフォーマンスは圧巻!

 シャチョーは、アイドルであると同時にシンガーソングライターでもあり、その楽曲は、せつない歌詞と刺さるメロディー。「MCなしで乗り切りました!」とのコメントが可愛かった。それぞれの推しがコールを打つ中での熱いライブが最高でした。 この日は、「開運!アイドル☆パンチナイト」の公開放送となっており、MCのギュウゾウさんとシャチョーに挟まれて、ゴキ帝、MIGMA SHELTER(ミシェル)、エレクトリックリボン、絵恋ちゃん&ぱいぱいでか美の順番でラジオ形式のトーク。短い中で、ギュウゾウさんにツッコミを入れたり、言いたいことを喋りまくったり、新メンバーがいるユニットは、喋らせたり、ニヤニヤしちゃう放送でした。ちなみに絵恋ちゃんの「レジ打ち」話は爆笑。ライブラストに、8月までの放送延長が発表されました。ちなみにradiko(radico.jp)エリアフリー(プレミアム会員エリア)で聞けます!

 そして取材メインのゴキ帝ライブ。スタートの「人の金で焼肉食べたい」からピークに達するのが彼女たちの良いところ。オタ心の泣きの叫びである「大切なお知らせ」。途中の「Zoo」から観客席に飛び出し、ど真ん中でパフォーマンスを繰り返すメンバーたち。動物の被り物の口に強引にマイクを突っ込んで歌う姿にどのような説明を入れようか……「可愛い」しかないかな(笑)。ライブ中のオタクの動きを観察しているかと思えば、明らかにポジティブなメッセージを込められた楽曲「GGT-ROCK」。モラトリアムの肯定だけでなく、ノルマなどに縛られている人たちへのリラックスソング「I NEET YOU」と弾けまくりました! 最後までステージに戻らず、客席パフォーマンス。なので……途中から写真は諦めました(笑)。

 地下アイドルという呼称にこだわり揶揄する人たちは、ひとたび見れば、目の前に起こる彼女たちのリアルを見ればハートがどれだけ動くことかと思います。そして「壊せ!」(「GGT-ROCK」の歌詞より)と叫びたくなる。課されたと思っているモノは、実は自らに課したモノだからこそ。

取材・写真=麻雅庵(Twitter@an_asaga_otft