27
June , 2017
Tuesday


ミランダ・カーがIT長者エヴァン・スピーゲル氏とアットホームな地味婚

2017年5月30日(火)03時26分更新

幸せいっぱいの2人(@mirandakerr/instagram)

幸せいっぱいの2人(@mirandakerr/instagram)

 オーストラリア出身のスーパーモデル、ミランダ・カー(34)が、ついにあの若き天才起業家と再婚したことが今週、明らかになった。お相手は人気スマホアプリ「スナップ・チャット」の開発者で、IT長者のエヴァン・スピーゲル氏(26)。

 米芸能メディアによると、挙式は27日午後、2人が暮らしている米国・カリフォルニア州ブレントウッドにある自宅豪邸で、親類や親しい友人ら50人ほどのみを招待して、地味だがアットホームな雰囲気の中で執り行われた。

 式にはミランダと前夫オーランド・ブルーム(40)との間に生まれた息子フリン君(6)も出席した。

 その後のパーティーでは、米人気歌手ジェイソン・ムラーズがパフォーマンスを披露し、花嫁のミランダもカントリー歌手シャナイア・トゥエインの大ヒット曲「スティル・ザ・ワン」を熱唱した。

 2人に近い関係者は「挙式にはいろいろな場所を検討していたが、やはり自宅が一番パーソナルで完璧な場所という結論になったようだ」と明かした。

 2人は昨年7月に婚約を発表していた。ミランダは2度目の結婚だが、エヴァンは初婚。あくまでプライベートなイベントとして、挙式やパーティーの様子は一切公開されていない。