29
June , 2017
Thursday


◎血統予想 【阪神11R・ 鳴尾記念】【東京11R・麦秋S】【東京10R・稲村ヶ崎特別】

2017年6月2日(金)02時00分更新

【阪神11R・鳴尾記念】

バンドワゴンは新馬、エリカ賞をそれぞれ6馬身、5馬身の差をつけて逃げ切り、きさらぎ賞でも頭差の2着してクラシック候補の1頭にも数えられたほどの馬。2年間の長期休養から復活し、6歳にして再びオープン入りを果たした。前走では出遅れたとはいえ、それまでとは一変したレースぶりで最速34秒6の末脚で差し切り勝ち。成長力には定評のある晩成型のホワイトマズル産駒だけにまだまだ強くなる。先週のダービーでは半弟スワーヴリチャードが2着と健闘したが、今週は兄が重賞初制覇を飾る番だ。

◎バンドワゴン
○スマートレイアー
▲スズカデヴィアス
△ラストインパクト
△マイネルフロスト
△デニムアンドルビー

【東京11R・麦秋ステークス】

◎ゴールドスーク
○プレスティージオ
▲ベストマッチョ
△ボールライトニング
△エイシンバランサー
△プリサイスエース

【東京10R・稲村ヶ崎特別】

◎ドレッドノータス
○スクエアフォールド
▲アジュールローズ
△ケンホファヴァルト
△アーバンキッド