27
June , 2017
Tuesday


ちょいワル火遊び馬券【鳴尾記念】【安田記念】

2017年6月2日(金)02時30分更新

鳴尾記念(6月3日・阪神11R)

デニム、復活の一発大駆け!

◎は鞍上を福永に強化したデニムアンドルビー。久しく勝利から遠ざかってはいるが末一本に賭けたときの破壊力は未だ健在、同じ阪神内回りのGⅠ宝塚記念で僅差2着した脚が使えればメンバー的にも好勝負だ。阪神で6勝の実績があるコース巧者スマートレイアーが対抗○。2走前の京都記念でキズナとの2着争いに競り勝ったように距離も持つ。何より3戦2勝2着1回の最強コンビMデムーロ騎乗が魅力で逆転Ⅴも十分。単穴▲はダービーの人気薄マイスタイルであわやのシーンを演出した横山典騎乗のスズカデヴィアス。絶好調ルメールが駆るバンドワゴンは3歳時にこの舞台と同じエリカ賞でヴォルシェーブを5馬身ちぎった戦歴があり特注★。以下伏兵に△印3頭。

◎デニムアンドルビー

○スマートレイアー

▲スズカデヴィアス

★バンドワゴン

△ステイインシアトル

△スピリッツミノル

△マイネルフロスト

 

安田記念(6月4日・東京11R)

真のマイル王者へ、イスラボニータ一直線

下馬評は「混戦」だが当欄はイスラボニータ一強の見解をとる。2年半ぶりに勝った前走マイラーズカップが圧巻。好位キープからゴール前わずかな隙間を瞬時に抜け出した。肝心の決め手をここぞのタイミングで繰り出せるようになれば鬼に金棒、フジキセキ産駒2度目の覚醒を実証するとみて本命◎。昨秋の富士Sで◎を破っているヤングマンパワーに〇。実績の割に人気にならないタイプで配当的妙味もある。3番手評価の▲エアスピネルは堅実無比だが初の58kはやや微妙。むしろ強敵相手に好戦してきたステファノスの路線変更に特注★。今回一気に相手強化となるグレーターロンドンはアンビシャス、サトノアラジン、ビューティーオンリーとともに△印まで。

◎イスラボニータ

○ヤングマンパワー

▲エアスピネル

★ステファノス

△アンビシャス

△サトノアラジン

△グレーターロンドン

△ビューティーオンリー