26
September , 2017
Tuesday


G線上のホース 安田記念 「マイルで大志」

2017年6月3日(土)06時55分更新
Pocket

東京11R 安田記念

ダービーの推奨馬アドミラブルは直線で良い脚を使って追い込んだものの3着でした。馬場の読みは合っていたと思うのですが、肝心の展開については想定外でした。言いたい事や思う事は多々有りますが、皐月賞・青葉賞・プリンシパルSが全てレコード決着。その影響で本番が未曾有のスローペースになったとも考えられます。これは今後馬券を買う上でも気を付けたいポイントです。さぁ1年間が終わり、あと52週後で来年のダービー。当欄では薄い紙を積み重ねる様に2歳馬の予想もお届けしていきますので今後ともよろしくお願いします。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】アンビシャス 自信度★★☆☆☆

◎アンビシャス
○エアスピネル
▲ビューティーオンリー
△ブラックスピネル
△ステファノス
△ヤングマンパワー
△イスラボニータ
☆コンテントメント
 
昨年までのこの路線の総大将モーリスが引退し、空位という表現がピッタリのマイル戦線。昨年のマイルCS2着馬イスラボニータ、4歳勢のエアスピネルらにもチャンスは有るが個人的には中距離>マイルという考えが根底に有る。
中距離戦線で揉まれてきたアンビシャスがいよいよマイルへ路線変更。新馬戦、500万下を連勝して以来の距離だが当時は難なく対応しており、昨年の大阪杯ではキタサンブラックに競り勝っており地力はこのメンバーの中でも1番と言って良い。前走の大阪杯は完全に馬場と展開に負けたレース。上がり3Fについては最速を記録しており能力に衰えはない。2走前もディープ産駒が苦手な中山芝1800mでの4着。5着のヴィブロスがドバイターフを制している様にここも度外視可能。唯一、分からないのがここでの乗り方。ここまで何度もクビになっている鞍上のマジックが無い限りは頭は厳しいかもしれないが、普通に乗っても馬券内は外さないだろう。相手にはようやく1番人気の荷が降りるエアスピネル、昨年暮れで日本馬を玉砕したビューティーオンリーが本線。馬券だが、単複と馬連流しで組み立てる。昨年の推奨馬だったイスラボニータは鞍上が違うとは昨年が案外の競馬。前走からの上積みも無いと読んで評価を下げてみた。

【純・推奨馬】

東京5R 2歳メイクデビュー(芝1600m) ハヤブサレジェンド 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
堀厩舎のディープインパクト産駒サトノオンリーワン、新種牡馬ロードカナロア産駒のステルヴィオあたりに人気が集まるが、ここは既に日本での実績が有るヘニーヒューズ産駒のハヤブサレジェンドが面白い。水曜日の美浦坂路で堂々の1番時計を計時、余力も十分だった。新馬戦は評判と良血、そしてクラブ馬が人気を集めるのでここは外れたとしても、こういう盲点となる馬を探していきたい。

阪神5R 2歳メイクデビュー(芝1400m) ヴァイザー 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
新種牡馬ノヴェリスト産駒のヴァイサーが登場。本国初の産駒出走で注目が集まる所だが、重苦しいドイツ血統で日本のスピード競馬への対応が不安視されている。それでも私は同産駒は普通に走ると思っている。まだ1頭目なので多くは語らないが、馬券を抜きにしても注目の1戦。