17
October , 2017
Tuesday


熱愛中ジェニロペ&A・ロッドがフランス旅行 その費用4千万円の内訳は

2017年6月22日(木)04時25分更新
Pocket

フランスでのバケーションを堪能したジェニロペとA・ロッド(@jlo/instagram)

フランスでのバケーションを堪能したジェニロペとA・ロッド(@jlo/instagram)

 熱愛中と報じられる米女優ジェニファー・ロペス(47)と米大リーグ・ヤンキースの元選手アレックス・ロドリゲス(41)が今週、ラブラブのフランス旅行を堪能して帰国したが、その旅費総額はなんと38万5000ドル(約4000万円)!一見、超ゴージャスバケーションだが、費用の意外な内訳が話題になっている。

 米芸能サイト「E!ニュース」によると、2人は先週末、プライベートフライ社のチャータージェットでマイアミを出発し、フランス南部ニースに到着。その移動費用は8万1580ドル(約900万円)。その後、再びプライベート機でパリに飛んだが、これが9190ドル(約100万円)だった。

 また、プライベートフライ社のチャーター便でパリからロサンゼルスに帰国したようで、その料金は9万4450ドル(約1000万円)。

 2人はニース近くのモナコを訪問。有名な「モンテ・カルロ・カジノ」をツアーした後、ニース近郊にある5つ星ホテル「ラ・シェーヴル・ドール」で1泊した。だが、モナコでのリムジンサービスや宿泊費、ディナーやワインで使った金額は1000ドル(約11万円)ほど。ホテル代も約368ドル(約4万円)というから、超セレブな2人にはしては“質素”だ。

 E!ニュースによると、プライベート機の移動以外で2人が奮発したのが貸し切りクルーザーだという。

 カンヌと並び、世界的に知られるリゾート地ニースで豪華クルーザーを1週間チャーターすると、そのお値段は驚愕の55万8000ドル(約6200万円)!だが、2人は2日間のみのチャーターだったため日割り計算で1日当たり約8万ドル(約890万円)。2日間で約1780万円だった。

 もちろん、その他諸々の出費があったものの、結局、費用のほとんどはジェットとクルーザーだったようだ。