25
July , 2017
Tuesday


批判殺到!ジョニー・デップまさかの〝トランプ大統領暗殺〟ジョーク  

2017年6月23日(金)04時04分更新
Pocket

 このところ、すっかりハリウッドのお騒がせ親父になった米俳優ジョニー・デップ(54)が、今度は“トランプ米大統領暗殺”ジョークを飛ばし、ネットではさっそくひんしゅくを買っている。

 米芸能サイト「TMZ」によると、英国・ピルトンで開催中の野外ロックフェス「グラストンベリー・フェスティバル」を訪れたデップは22日、会場ステージのトークショーでトランプ氏に触れ「彼には何かしてやらないといけない」と発言。続けて「最後に俳優が大統領を暗殺したのはいつだっけ?」と観客にたずねてみせた。

 会場は大いに沸いたが、デップが示唆したのは、明らかに、1865年にリンカーン米大統領が俳優ジョン・ウィルクス・ブースにより暗殺された有名な事件だった。直後、デップは「ちょっと待って。はっきり言っておくけど、オレは俳優じゃないよ。ウソをつくのが商売だから」とすっトボケた。

 米国では人気コメディエンヌのキャシー・グリフィスが先月、トランプ大統領を模した“血まみれの首人形”を手にした画像をツイッターに掲載すると、たちまち「いくら反トランプ派でも趣味が悪すぎ」「これは酷すぎる」と大炎上。グリフィスはすぐにツイートを削除し、謝罪した。

 デップの発言についても、ネット上では「あんたが元嫁を暴行したのより(リンカーン暗殺は)ずっと前だよ」「不適切発言」などと批判が殺到。TMZは「キャシー・グリフィスの一件からわずか数週間のこの時期に…」と呆れた様子だ。