17
October , 2017
Tuesday


役にたたない英語おせーたる(177)ブロードウェイ

2017年6月24日(土)09時00分更新
Pocket

ここが有名なラジオシティ・ミュージックホール

ここが有名なラジオシティ・ミュージックホール

 せっかく、performing arts(舞台芸術)が目白押しのニューヨークにいるのだから、それを甘受しない手はない。ということで、あれこれ検索してみた。私の興味があるのは、musical(ミュージカル)やplay(劇)で、どちらもニューヨークにはごまんとある。”The Phantom of the Opera”(「オペラ座の怪人」)、”Chicago”(「シカゴ」)、”Wicked”(「ウィケッド」)など、ロングラン作品は年がら年中公演している。数えるほどのBroadway musical(ブロードウェイミュージカル)の作品が年に一度巡業してくるオハイオ(ブロードウェイミュージカルが見られるだけまし)とは、雲泥の差だ。

 しかし、高い。とてもじゃないけれど、orchestra seat(オーケストラ席=舞台に近い席)には手が出ない。しかも、入手可能なチケットが限られている。旅行代理店がまとめて購入しているか、ブローカーがまとめて購入してさらに高値で再販しているのだろう。実際、resale sites(再販サイト)に行けば、いくらでもチケットはある、法外な価格だが。

 一方、無料のものもある。「Shakespeare in the Park」(セントラルパークでシェークスピア)という夏の風物詩がそれで、無料だけれど有名な俳優が出演することで知られていて、それだけに人気が高い。20年ほど前にニューヨークに遊びに来たときは、簡単にチケットを手に入れて、見に行った記憶がある。それは遠い昔の話。今は、ケータイアプリからlottery(くじ引き)に参加するのだ。win a lottery(くじに当たる)ことを願って、毎日登録するものの、はずればかり。

 ”Better luck next time! All is not lost! You can continue to enter all summer long for each performance of Free Shakespeare in Park.”(次に乞うご期待!これで終わりじゃありません。夏中ずっと、無料シェークスピア劇に応募し続けましょう)なんていう励ましメール?が届く。

 有料なものでは、George Orwell(ジョージ・オーウェル)の「1984」が比較的安く見られることが分かった。balcony seat(バルコニー席)で35ドル(約3900円)。しかし、これをオンラインで購入すると、convenience fees(便利料とでも言おうか)なるものが加算される。その額12・55ドル(約1400円)!35ドルのチケットに、なんで30%もの手数料を払わないといけないのだ!ということで、当の劇場まで出かけ、box office(チケット売り場)で購入した。手数料なしの35ドルきっかり。劇場まで直接チケットを買いに行けるのは、ニューヨーク近郊に暮らしているからこそ。

 しかし、劇場によってはbox officeでも手数料がかかるところもある。Radio City Music Hall(ラジオシティ・ミュージックホール)がそうで、先日、Dave Chappelle(デイブ・シャペル、スタンダップコメディアン)のショーを調べたところ、box officeで購入しても、チケット1枚につき15ドル(約1660円)の手数料がかかることが判明した。このショーのチケットを専売するオンラインチケット販売会社で購入すると、20数%のconvenience feesがかかることを考えれば、それでも安い…。

 一般販売の2~3日前からオンラインのみでpresale(先行販売)が始まったのだが、チェックするたびにチケットがなくなっていく。安い、と言っても90ドル(約1万円)!balcony seatはあっという間だった。このコメディアン、半分引退していて、なかなかお目にかかる機会がない。box officeでの販売が始まるころにはチケットは完売しているか、目が飛び出すほど高いチケットしか残っていないだろう。この貴重な機会をみすみす逃すわけにいかないので、泣く泣くconvenience feesを支払って、その時点で入手可能な一番安い席を購入した。チケット2枚で、convenience fees込みで合計316・60ドル(約3万5000円)なり、ち~ん。

 ちなみに、一番高いチケットは995ドル(約11万円)だって。信じられん!ニューヨークにはどんなお金持ちがいるんだ?あ、そか、ここはDonald Trumpのおひざ元だった。

ハドソン劇場で上演中のジョージ・オーウェルの「1984」

ハドソン劇場で上演中のジョージ・オーウェルの「1984」