17
October , 2017
Tuesday


【米国】速度違反車を停車させて仰天!助手席にいたのは〝グレイ〟だった

2017年6月28日(水)09時00分更新
Pocket

きちんとシートベルトしてます(@Alpharetta Department of Public Safety/facebook)

きちんとシートベルトしてます(@Alpharetta Department of Public Safety/facebook)

 米国・ジョージア州アトランタ郊外で今週、白バイの警察官が速度超過の車を発見し、すぐに追跡。停車させ、車内をのぞいて仰天した。助手席に乗っていたのは、きちんとシートベルトをした〝エイリアン〟だったのだ。

 アルファレット市の警察によると、助手席に乗っていたのはUFOで飛来する宇宙人としてよく登場する「グレイ」系の“等身大”の人形だったのだ。

 白バイ警官はエイリアン人形に大ウケ。結局、口頭注意をしただけで違反キップは切らなかったという

 「なぜ “エイリアン”を乗せていたかは不明」だが、警官は男性の許可を得て、エイリアンのスナップ写真をパシャ。後日、同警察のフェイスブックに掲載した。

 男性は時速84マイル(約135キロ)で飛ばしていたというから、フリーウェイの制限速度70マイル(約112キロ)を20キロ強オーバーしていた。もし、エイリアンのサプライズがなかったら、違反キップは免れなかった?