17
October , 2017
Tuesday


シンディ・クロフォードの娘15歳〝際どいトップレス〟画像公開で猛批判

2017年7月5日(水)03時33分更新
Pocket

カイアが公開した問題の画像(@kaiagerber/instagram)

カイアが公開した問題の画像(@kaiagerber/instagram)

 51歳にして現役スーパーモデル、シンディ・クロフォードの長女カイア・ガーバー(15)が先週、肩や胸元を露出させた“際どいトップレス”の自撮りセクシー画像をインスタグラムにアップ。だが、SNSユーザーからは「まだ子供が撮る写真じゃない!不適切だ」などと猛批判にさらされている。

 カイアは2012年、ヴェルサーチの子供服ブランド「ヤング・ヴェルサーチ」のモデルとしてデビューし、すでに母親と同じ業界で活動を始めている。身長も現在175センチで、まだまだ成長中。外見からはもう立派なヤングアダルトだ。

 とは言え、まだまだ15歳。インスタで公開した画像は「セクシーすぎる」「これ大人だろ?!思春期は5歳くらいだったのか?」など、皮肉や批判が殺到している。中には「こんな事をしなくても、あなたは十分美しい。がんばれ!」と応援する声も。

 母親のシンディは、化粧品メーカー、レブロンや高級時計のオメガ、ペプシコーラなど、多くの一流ブランドの顔を務め、女優としても活躍。私生活では1991年、米俳優リチャード・ギア(67)と結婚するも4年で離婚。カイアの父親は1998年に再婚した現在の夫で起業家のランド・ガーナー氏(55)だ。