17
October , 2017
Tuesday


◎血統予想 【中京11R・プロキオンS】【福島11R・七夕賞】【函館11R・マリーンS】

2017年7月8日(土)05時24分更新
Pocket

【中京11R・プロキオンステークス】

 昨年の当レースでは9番人気7着に終わったカフジテイクだが、この1年でグンと力をつけた。今回は堂々の主役だ。母テイクザケイクはダート4勝の活躍馬。交流GⅢサマーチャンピオンを制したテイクアベットなど、産駒はいずれも母親似でダートの短距離を得意としている。父のプリサイスエンドにとって重賞勝ち馬はグロリアスノアに次いで2頭目。この両馬の母の父スキャンとジェイドロバリーはどちらもミスタープロスペクター×ニジンスキー牝馬というのも共通する。海外帰りで条件は厳しいが、左回りの1400mはベストだ。

 ◎カフジテイク
 ○ベストマッチョ
 ▲イーデンホール
 △チャーリーブレイヴ
 △キングズガード
 △ブライトライン

 【福島11R・七夕賞】

 ◎ゼーヴィント
 ○ヴォージュ
 ▲マルターズアポジー
 △スズカデヴィアス
 △フェルメッツァ
 △マイネルフロスト

 【函館11R・マリーンステークス】

 ◎テイエムジンソク
 ○メイショウスミトモ
 ▲リーゼントロック
 △ジェベルムーサ
 △アルタイル
 △リッカルド