21
October , 2017
Saturday


ハリウッドで続出!セレブがバケーション中空き巣被害 その原因はSNS

2017年7月24日(月)03時32分更新
Pocket

数千万円の被害に遭ったヒラリー(@hilaryduff/instagram)

数千万円の被害に遭ったヒラリー(@hilaryduff/instagram)

 このところ、ハリウッドセレブが空き巣被害に遭う事件が続発している。バケーション中、留守にした豪邸が狙われるのだが、その原因はSNSだ。休暇先で撮った写真をツイッターやインスタグラムに公開することで、空き巣狙いに貴重な情報を提供してしまっているというのだ。

 そんな空き巣に遭った最新の被害者が、米女優で歌手のヒラリー・ダフ(29)だ。家族とカナダで休暇を過ごしていた19日、何者かがビバリーヒルズの邸宅に侵入。週末帰宅したヒラリーは家が荒らされていることに気づき、警察に通報。数千万円相当の宝石や貴金属などが盗まれたことが分かった

 防犯カメラや警報機が設置されていたが、警報機は作動しなかったという。

 ヒラリーはバケーション先から多くの写真や動画をSNSに投稿していた。

 同様の被害に遭ったセレブは、ここ最近だけでもカーダシアン家の長女コートニーの元内縁の夫でタレントのスコット・ディシック(34)や女性総合格闘家ロンダ・ラウジー(30)、俳優マイケル・B・ジョーダン(30)がいる。

 

C A N A D A

Hilary Duffさん(@hilaryduff)がシェアした投稿 –

バケーション先のカナダで撮った動画もインスタグラムで公開していた