21
October , 2017
Saturday


G線上のホース クイーンS 「幸せをもたらす51キロ」

2017年7月29日(土)07時00分更新
Pocket

札幌11R クイーンS

さて今週からは夏競馬も後半戦に入り、新潟・小倉・札幌開催が始まります。開幕週は昨年の同時期との比較しか出来ないので、馬券的には勝負が難しいかもしれませんが早い段階で馬場のクセや傾向をつかめると大きなアドバンテージになります。その為にはやはりレースを見ることに尽きるでしょう。例え自分が馬券を購入していないレースでも、注意深く観察していれば少なからず得るものが有るはずです。競馬は当たる時よりも外れる時の場合が圧倒的に多いはずです。その敗戦から何を学かが、次のレースへの糧になります。一朝一夕で結果が出る訳では有りませんが、根気よく向き合っていれば報われる日も来るはずと信じて、1レースを大切にしたいと思います。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】ヤマカツグレース 自信度★★★☆☆

◎ヤマカツグレース
○アエロリット
▲アドマイヤリード
△シャルール
△トーセンビクトリー
△マキシマムドパリ
△クイーンズミラーグロ
  
今春にGIを制覇したアドマイヤリードとアエロリットが人気と話題の中心になるのは仕方ないにしても、今回はコースが違う。東京のマイルと札幌の1800mでは求められる能力が違って来るので付け入る隙は出て来る。
前走のオークスでは不可解な大敗を喫してしまったヤマカツグレース。3.8秒差の18着と結果だけを考えると、とても次走は買い辛いがこの時の鞍上は横山典。少しでも違和感を感じた場合は決して無理をしない騎手だけに、直線の半ばからはレースを諦めた。4角までは非常に良い手応えだったし、オークスは内枠有利の馬場で不運も有り、フローラSの2着は決してフロックではない。洋芝巧者のハービンジャー産駒で、決め打って先行出来る池添への乗り替わりと条件は一気に好転。古馬勢も強力なのは承知だが斤量51キロで相殺出来る。馬券は単複と馬連は○▲への2点、3連複は◎○、◎▲からの2頭軸で印各馬へ流す。

新潟11R アイビスSD

【推奨馬】レジーナフォルテ 自信度★★★★☆

◎レジーナフォルテ
○フィドゥーシア
▲ネロ
△シンボリディスコ
△アクティブミノル
△レッドラウダ
△ラインスピリット
 
新潟直線1000mは圧倒的に外枠有利。有力馬が内に入れば波乱の目もあり得たのだが、穴党には残念な枠順に。前走が初の新潟直線1000m戦ながら快勝したフィドゥーシア、昨年のアイビスSD2着のネロ、初条件ながらスピード比べならば負けないアクティブミノルの3頭を買えば当たりそうなレース。ただその3頭が目立つおかげで非常に面白い存在が盲点になっている。
レジーナフォルテはデビュー3戦目の未勝利戦(新潟直線1ooom)でそれまでの走りが嘘の様に堂々とレコード勝ち。この時の時計が55.0秒で前日の準OPでラッドラウダが出した時計が54.3秒。この距離での0.7秒差をどう考えるかだが、デビューしたばかりの2歳牝馬と考えれば、やはりこの時計の凄さは異常。少し気難しい面も有り、同型馬の兼ね合いでコンスタントに結果を残して来たとは言えないが、それでも古馬との初対決の前走は快勝しており素質の高さを感じさせる。今回はあの驚愕のパフォーマンスを魅せた時と同じコースで斤量は51キロ、そして絶好枠。ネロは久々の上に58キロ、アクティブミノルは初コースと上位馬に少しでも不安材料が有り、ここで買わずにどこで買う。馬券は単複を大本線に馬連、馬単、3連複軸1頭流しで勝負する。

【純・推奨馬】

新潟3R 3歳未勝利(ダ1800m) スペリオルシチー 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
前走は初ダートで狙って面白いと思っていたがまさかの取消。今回は仕切り直しで念願の初ダート。相沢厩舎なのに前走はルメールで今回は岩田を確保出来ているのも心強い。一時期の勢いこそ無いものの、ルーラーシップ産駒はダートも充分にこなせており芝と比べても遜色の無いレベル。同馬の母父はエーピーインディ系のバーナーディニで1発狙える血統構成。

新潟2R 3歳未勝利(芝2000m) ミラグレ 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
インへリットデールはこれまで2→2→3→2着とほぼ完璧な成績で未勝利脱出は時間の問題。ただ裏返すと勝ち切れないとも言える。ルーラーシップ産駒は瞬発力勝負に分が悪く、長く良い脚を使えるのが長所。開幕週の新潟で高速上がりになると何かに差される可能性も否定できない。それならば、ここは天皇賞馬ディラローシェの全妹ミラグレに賭けたい。前走は久々の競馬でキャリア2戦目ながら、届きにくい福島で後方から追い込んでの2着。この舞台ならば頭で狙ってみる。

新潟1R 2歳未勝利(芝1600m) クエントアスール 自信度★☆☆☆☆

※単複のみ推奨
そろそろ前走の着順だけでは評価が難しくなって来る2歳戦。ここで変わり身を期待したいのがノヴェリスト産駒のクエントアスール。新馬戦では3番人気に支持されたが、好位から息切れて失速し11着に大敗。それでも当初から調教駆けしており、少しでも噛み合えば上位も伺えそうな存在で有ることだけは確か。鞍上強化で人気は下がるここは買い時。