20
October , 2017
Friday


「じゃじゃ馬億万長者」の舞台だった大豪邸が売りに 価格は385億円!

2017年8月9日(水)03時54分更新
Pocket

「チャートウェル」と呼ばれる大豪邸

「チャートウェル」と呼ばれる大豪邸

 1960年代に日本でも大ヒットした米コメディードラマ「じゃじゃ馬億万長者」の舞台として有名になったビバリーヒルズ近郊の大豪邸が今週、売りに出された。価格は驚愕の3億5000万ドル(約385億円)!

 同ドラマは、片田舎の貧しい農家、クランペット家の土地から油が湧き出し、石油会社から受け取った油田の権利金で大金持ちになってビバリーヒルズの豪邸で新生活を始めるというストーリー。慣れないセレブ生活から毎回様々な騒動を引きおこす。

 その舞台となったのが、今回売りに出された「チャートウェル」という物件。ビバリーヒルズに近接する最高級住宅地ベルエアにあり、約1万2600坪の広大な敷地には、1933年に建てられたフランス風ネオクラシカルという建築様式のお屋敷がそびえる

 周囲は緑に囲まれ、まるで宮殿のような建物の前には幾何学模様の庭園やプールなどが広がる。

 同物件の前オーナーは今年5月に亡くなった“メディア王”ジェリー・ペレンチオ氏で、86年に購入し、最期まで同邸で暮らした。その間、ゲストハウスの増設やドライブウェーの整備など改良を加えた。

「じゃじゃ馬億万長者」のオープニング