26
September , 2017
Tuesday


G線上のホース 札幌記念 「雷神降臨」

2017年8月19日(土)07時00分更新
Pocket

札幌11R 札幌記念

事を荒立てるつもりは毛頭ないのですが、先週の土曜日の小倉5Rをご覧になったでしょうか?直線で抜け出したペガッソでしたが、騎手がゴール直前に追う動作を止めた為に最後の最後で他の馬に差され2着に終わりました。この件で鞍上の浜中騎手は2日間の騎乗停止処分になりました。あくまでも私観になりますが、浜中騎手は抜け出してから追う動作を止める常習犯です(特に若駒に対して多いイメージが有ります)。抜け出したのにゴシゴシ追う必要は全く有りませんが、入線するまでに何が有るか分からないのも競馬です。ちゃんと追っていたら、十中八九買っていたレースでした。生産牧場から育成、調教師と渡り、レースで最後の締め括りをするのは間違いなくジョッキーです。ジョッキーのおかげで勝てるレースも有れば、ジョッキーのせいで負けるレースも有ります。馬主は当然ですが、馬券を握りしめて応援している人もいることを心掛けて欲しいと改めて思いました。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】マウントロブソン 自信度★★★★☆

◎マウントロブソン
○ロードヴァンドール
▲ヤマカツエース
△エアスピネル
△サクラアンプルール
△ナリタハリケーン
△ディサイファ
  
今年は豪華メンバーが揃わず至って普通のローカルGⅡに。札幌は今週からAからCコース替わり。これまでは差し・追い込みがバンバン決まっていたが、今週はそうもいきそうにないので、立ち回りが器用なタイプを狙いたい。このタイミングで絶好の機会。モレイラが乗るからマウントロブソンを推すのではなく、マウントロブソンにモレイラが乗るから買いたい。
この馬のベストパフォーマンスは3歳時の皐月賞。リオンディーズが暴走気味に突っ張った1000m通過58.4秒の激流を3角から付いて負かしに行く競馬。さすがに終いは脚が上がって後続馬の餌食になってしまったものの、潜在能力の高さを感じさせる堂々の5着だった。ダービーは出遅れ、神戸新聞杯は急仕上げの太め残り、菊花賞は大外枠と距離適性が敗因。久々の前走はしっかり勝ち切っており、ちゃんとした状態で中距離を使えればこの馬は強い。モレイラが巧いのは折り合いを付けられるので常に良いポジショニングを確保出来る点と狭いスペースできっちりと抜け出せるスパート力。まさにマウントロブソンにうってつけのパートナー。モレイラが乗ると過剰人気になってしまうが、モレイラが乗ることで馬券内に絡む確率は大幅に上がる。とにかくこの馬の力を出し切れれば、まず好勝負。相手にも行ければ強いロードヴァンドールの評価を上げておく。馬券は単複を本線に馬連で勝負する。3連単はフォーメーションで◎⇔○▲→印各馬で組み立てる。

小倉11R 北九州記念

【推奨馬】プレイズエターナル 自信度★★★☆☆

◎プレイズエターナル
○ナガラオリオン
▲トウカイセンス
△エイシンブルズアイ
△キングハート
△ツィンクルソード
△バクシンテイオー
△ダイシンダンダー
 
札幌とは違って小倉は今週までAコースの連続使用。先週の馬場を見る限り、後ろからでも十分届く馬場状態になっている。フルゲートのハンデ戦で絶対視出来る存在もいないので、展開に絞って差し・追い込み馬を狙う。
ブレイズエターナルは極端な脚質ながら、夏の小倉1200mでは【0.2.1.0】と勝ち鞍こそ無いものの好成績。この馬の場合、どのレースでも上位の上がりは使えており、要するに馬場と展開が向くかどうかが問題。行きたい馬もそれなりに揃っており、前述の馬場状態。直線では大外ブン回ししか期待出来ないので、この外目の枠はマイナスというよりはむしろプラスに働く算段。中途半端な位置に付けず、後方から割り切った騎乗をすれば結果は残せるはず。スプリント重賞得意の北村友でハンデも手頃で狙い時。相手は人気の先行馬を完全無視して狙う。馬券は単複と馬連、3連複軸1頭流しもボーナス用として余裕が有れば付け足す。

【純・推奨馬】

札幌9R クローバー賞 ダブルシャープ 自信度★☆☆☆☆

※単複のみ推奨
先週のコスモス賞は道営馬が2、3着。ステルヴィオ以外の中央馬が強くなかったとも言えるが、今週もそのパターンで狙ってみる。芝・ダート兼用血統のベーガバド産駒のダブルシャープ。母メジロルーシュバーは未出走だが、天皇賞馬メジロブライト、朝日杯FS勝ちのメジロベイリーの半妹。芝をこなせる下地は有るし、これまでの門別のレースも道中から動く競馬を見せており、機動力に富んでいる。ここは相手も揃ったが、穴狙いを前提で勝ってみる。

小倉6R 2歳メイクデビュー(芝1200m) アンヴァル 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
母母アルーリングアクトは小倉2歳S勝ち、母アルーリングボイスも小倉2歳S勝ち馬。父ロードカナロアは小倉でデビュー勝ちした世界最高峰の名スプリンター。小倉芝1200mで勝って(買って)下さいと言わんばかりの配合馬。ここは血統を信じて単勝のみ買ってみたい。