16
December , 2017
Saturday


テイラー・スウィフトがついに沈黙破り11月10日の新譜リリースを発表

2017年8月24日(木)04時28分更新
Pocket

SNSで公開された画像(@taylorswift/instagram)

SNSで公開された画像(@taylorswift/instagram)

 ここ半年以上、メディアの前から姿を消し、今月18日には突然フェイスブックやツイッターなど、自身のSNSアカウントから全ての投稿を削除した米歌手テイラー・スウィフト(27)が23日、ついに沈黙を破り、ファンに向けたメッセージを発信した。

 テイラーが23日、ツイッターやインスタグラムに投稿したのは自身の顔の上に新聞の活字を重ねたモノクロ画像。その横には英語で“評判”という意味の「reputation」の文字と「11月10日」という日にち。

 「reputation」が6枚目となるニューアルバムのタイトルで、11月10日に発売という意味だ。また、同アルバムからのファーストシングルが「明日夜リリース」というメッセージも。曲名は明らかにしていない。

 テイラーがメディア露出を避けるようになったのは昨年、英俳優トム・ヒドルストン(36)とわずか3か月の交際で破局したり、米セレブカップル、キム・カーダシアン(36)&カニエ・ウェスト(40)夫妻と電話の通話をめぐり、トラブルになったりした直後から。

 今年春ごろからは、英若手俳優ジョー・アルウィン(26)との熱愛が報じられたりもしたが、パパラッチすらツーショット写真を撮っていない。その間、「テイラーはスタジオにこもりっきりで、ニューアルバム作りに集中している」とのウワサを関係者らから漏れ聞く。

 一方、米芸能サイト「TMZ」は、新譜タイトルの“評判”の意味するところは、これまで報じられてきた男性遍歴やカニエらとの確執など、彼女を取り巻く「全ての出来事について新曲で暴露するという大きなヒントだ」と伝えた。

 2014年にリリースされた前回のアルバム「1989」は今年1月の時点で950万枚を世界で売り上げる超メガヒットとなった。また、シングルカットされた「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!」など3曲が「ビルボード・ホット・100」の首位を獲得している。

 ニューアルバムの出来に期待が高まる。