16
December , 2017
Saturday


ベン・アフレックと離婚申請のジェニファー・ガーナーが「壊れた?!」

2017年9月19日(火)03時26分更新
Pocket

 12年間の結婚生活の末、この春に米俳優ベン・アフレック(45)と離婚申請した同女優ジェニファー・ガーナー(45)が「完全に壊れちゃった!」とネットで話題になっている。

 ジェニファーは先週、友人とケータイで会話する様子を撮った動画をインスタグラムにアップしたのだが、これが支離滅裂。いきなり酔っ払ったような口調で泣きじゃくった?と思ったら、今度は大笑いするという始末だ。

 実はこれ、笑気ガスを使った歯科治療を受けた直後で、ろれつが回らなくなり、感情の起伏が激しくなったしている状態で撮影したものなのだ。

 ジェニファーはケータイで友人と、トニー賞受賞ブロードウェイミュージカル「ハミルトン」について熱く語っているうちに感情が高ぶり、泣いたり、大笑いしたようだ。

 この投稿には#TBT(Throwback Thursday)とのハッシュタグが添えられた。TBTとは、インスタなどのSNSに自分にとって懐かしい画像や動画を木曜に投稿するというネットの流行なのだ。つまり、問題の動画は最近ではなく、過去に撮られたものだった。

 ジェニファーのファンは、ベンとの離婚で「ついに情緒不安になってしまった?!」と心配したが、離婚申請とは全く無関係だったようだ。

 ジェニファーとベンは2005年に結婚。3人の子供をもうけたが15年に別居した。当時は「ベンがベビーシッターと浮気」と報じられた。ベンは現在、米人気コメディー番組「サタデー・ナイト・ライブ」の辣腕女性プロデューサー、リンゼイ・シュークス(37)と熱愛中で、先週末に開かれたエミー賞授賞式にはツーショットで腕を組んで登場し、メディアの注目を集めた。

 

Throwback Thursday– that time I had dental anesthesia…laughing gas + novocaine + Hamilton = you’re welcome. #TBT @hamiltonmusical

Jennifer Garnerさん(@jennifer.garner)がシェアした投稿 –