20
October , 2017
Friday


役にたたない英語おせーたる(188)小旅行の手配

2017年9月23日(土)09時00分更新
Pocket

 夫は私をprivate travel agent(専用の旅行業者)だと思っているようだ。彼は自ら行程を組むような人ではなく(というか、旅行の手配の仕方を知らない?)、私と会うまでは旅行など数えるほどしかしたことがなかったような人だ。

 そんな人がここ最近、小旅行に出たがるのである。旅行は好きなので、この変化に文句はないが、手配を任せきりにさせられるのはちょっと…。

 しばらく前から、”We have to go to Boston! When are we going to go? ”(ボストンに行かなくちゃ!いつ行く?)と事あるごとに言っていた。なぜ、have to(しなければならない)のかは謎だが、とにかく行きたいのだろう。Boston(マサチューセッツ州ボストン市)は全米最古の都市の一つ(と言っても、たかが17世紀程度だが)。古いもの好きな夫が行きたがるのも分からないでもない。New York(ニューヨーク)から簡単に行ける距離でもある。

 結局、寒くなる前の10月中旬の週末で日程は決まった。そこからは私の仕事である。

 車でも電車でも所要時間は約4時間。車好きの夫は車で行きたかったようだが、”It costs $40-$50 for parking per night. On the other hand, $50 per person one way by Amtrak. What do you think?”(一晩につき駐車料金が40ドルから50ドルやで。アムトラックやったら片道一人あたり50ドル程度や)と言うと、あっさりAmtrak(アムトラック)に賛同してくれた。Amtrakは長距離鉄道会社だ。Bostonは小さい町だし、町中は徒歩か公共交通機関で回れる。車は邪魔なだけだ。Amtrakの運賃、ガソリン代、駐車料金などなど、リサーチはすべて私。夫は、yesかnoを言うだけ。

 困ったのはホテルである。とにかく高い。町はずれでも最低280ドルはする。飲んで歩いて帰れるか、交通機関で帰れるような場所となると、300ドルは下らない。こんな値段だととてもじゃないが、2泊3日は無理だ。

 と、あきらめかけていたところに、ふと思いついてHotwire.comを検索してみた。旅行サイト大手Expedia.com(エクスペディア)の子会社サイトで、ホテルをはじめ航空券、レンタカーなどを検索、予約できるのだが、大きな違いは予約が完了するまで、どこのホテル、航空会社、レンタカー会社なのか分からない点である。

 Hotwire.comでホテルを検索したら、少しダウンタウンから電車で数駅の地区に、一泊135ドルのホテルがあった。破格だ! 泊まるホテルの名前も具体的な住所も分からなかったが、「えいやっ!」で予約した。

 予約の後、表示されたホテルはなんとSheraton(シェラトン)!BostonのSheratonに一泊135ドル(これに税金やなんやが加わって結局170ドル程度)で泊まれるなら万々歳である。あちらこちら検索しまくった甲斐があったというものだ。Hotwire.comは使える。

 夫は私の奮闘を知ってか知らずか、Boston行きが確定して大喜び。これから出発当日までに、Amtrakの到着駅からホテルまでの交通手段や滞在中の予定など、短い滞在期間を最大限有効に使うために調べなければならないことは山盛りだが、夫は待っていれば思いどおりに組まれた行程が空から降ってくるとでも思っているようである。