20
October , 2017
Friday


米誌プレイボーイ創刊者・故ヒュー・ヘフナー氏の妻が葬儀後初の声明発表

2017年10月4日(水)04時30分更新
Pocket

故ヘフナー氏とクリスタル(@hughhefner/instagram)

故ヘフナー氏とクリスタル(@hughhefner/instagram)

 先月27日、米男性誌「プレイボーイ」の創刊者ヒュー・ヘフナー氏が亡くなって以来、未亡人となった元プレイメイトのクリスタル・ヘフナー(31)が初めて夫の死について声明を発表した。

 「心が打ちひしがれています。(夫がいなくなったことが)まだ信じられません」とコメントした。声明は先月30日、ヘフナー氏の葬儀がロサンゼルスにある有名な共同墓地「ウェストウッド・ビレッジ・メモリアル・パーク」で執り行われた直後に出された。

 ヘフナー氏の棺は、1953年のプレイボーイ誌創刊号で表紙とグラビアを飾ったマリリン・モンローの墓の隣に納められた。ちなみに、2人はともに26年生まれの同い年だった。

 ヘフナー氏の3番目の妻として2012年に結婚したクリスタルは「彼はアメリカンヒーロー。開拓者でもあり、自分の人生や生活を世間に開放した親切で謙虚な人だった」と書き綴った。

 米芸能サイト「TMZ」によると、ヘフナー氏がクリスタルに遺した遺産は500万ドル(約5億6500万円)と約166坪の邸宅。同氏が亡くなるまで約40年間暮らした豪邸「プレイボーイ・マンション」はすでに売却されているため、同氏の死によりクリスタルはすみやかに退去することになる。