20
October , 2017
Friday


G線上のホース 京都大賞典 「おまけの南部杯」

2017年10月8日(日)07時00分更新
Pocket

京都11R 京都大賞典

【お知らせ】今週は3日間開催の為、土日月の重賞1鞍ずつ更新致します。また都合により【純・推奨馬】のコーナーはお休みします。本日は9日(月)の京都大賞典の予想になります。結果的にゲリラ告知になってしまい申し訳ありません。予想のご意見や質問等はコメント欄に残して頂くと筆者が泣いて喜びます。

正直なところ、あまり積極的に買いたい馬がいない京都大賞典。自信度も小さく抑えてしまい、さすがにこれだけでは申し訳ないので、交流重賞のマイルCS南部杯の予想も掲載します。交流重賞は力量差が激しく、勝負になる馬とならない馬が二分化されます。そこから順番を並び替えるだけになってしまうので、予想していても楽しさが無いのが本音です。かと言って、当てるのは容易では有りませんし、きっちり当てたとしても思う様な配当が望めない。…何だか個人的な予想の下手話になってしまいましたが、それでもきっちりと買い目を絞る事に意味が有るはずです。中央競馬とは違うジャンルだというのを念頭に置きつつ、勝負してみます。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】スマートレイヤー 自信度★☆☆☆☆

◎スマートレイヤー
○シュヴァルグラン
▲ミッキーロケット
△マキシマムドパリ
△サウンズオブアース
△ハッピーモーメント
  
7歳牝馬のスマートレイア-は次走のエリザベス女王杯が大目標。年齢を考えると遅くとも来春には引退するで、実質はラストシーズン。距離適性が定まらなかったり、脚質が安定しなかったりで大冠には手が届いていないがここに来てようやく完成の域に。ここ2年間は掲示板を外しておらず、溜めて最後方の競馬を捨て去って好位で競馬が出来る様になった強みが有る。3走前の京都記念は後に宝塚記念を制するサトノクラウンには及ばなかったものの、マカヒキやミッキーロケットに先着し2着に善戦。ヴィクトリアMは距離、鳴尾記念は展開に泣いてしまったが長距離の舞台ならの気持ち。シュヴァルグラン、ミッキーロケット、サウンズオブアースらは今秋のGI戦線でバリバリの主役では決してない立場。ここで一泡吹かせても不思議では無いし、驚きも無い。馬券は◎⇔○▲→印各馬の3連単フォーメーションだけで買いたい。

盛岡11R マイルCS南部杯

【推奨馬】カフジテイク 自信度★★☆☆☆

◎カフジテイク
○キングズガード
▲ゴールドドリーム
△コパノリッキー
△ベストウォリアー
 
交流重賞と中央重賞の最大の違いはコース形態もさることながら、やはり「流れ」に尽きる。16頭立ての南部杯も中央馬は7頭で今年のメンツを考えると地方馬はノーチャンス。中央の16頭立てとは訳が違い、実質は7頭立てと考えて良い。そうすると中央で追走に苦労する馬や、展開に左右される馬でも上昇の余地が十分有る。
現役馬の中でも末脚の破壊力は屈指のカフジテイク。基本的に追い込み馬なので置かれてしまったり、展開に左右される同馬が今回は初めての地方競馬参戦。前述の通り、フルゲートでも他の地方馬は付いて行くのが難しいペース。物理上、あのカフジテイクでも中団より前での競馬が出来る。ある程度の位置で流れに乗って、いつもの脚が使えるかどうかは分からないがそこはギャンブル。胸突き八丁の坂が待ち受ける盛岡コース、幸いダート界の超新星もいないこの相手関係ならば突き抜ける方に賭けたい。馬券は3連単フォーメーションで◎の1着固定(12点)と2着固定(12点)の合計24点で組み立てる。