20
October , 2017
Friday


超大物プロデューサーのセクハラ疑惑で証言続々!グウィネスやアンジーも

2017年10月11日(水)03時43分更新
Pocket

ホテルの部屋に呼び出されたと証言したグウィネス(@gwynethpaltrow/instagram)

ホテルの部屋に呼び出されたと証言したグウィネス(@gwynethpaltrow/instagram)

 超大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン氏(65)の過去30年以上にわたるセクハラ疑惑が露呈するや、堰を切ったようにハリウッドのトップ女優たちから衝撃の被害証言が噴出している。

 その1人が米女優グウィネス・パルトロー(45)だ。グウィネスは今週、米紙ニューヨーク・タイムズの取材に応じ、1990年代半ば22歳だった自分にワインスタイン氏が性的アプローチをしたと告白した。

 同氏は自身がプロデュースした映画「エマ」の主役にグウィネスを配役。“ミーティング”という名目でビバリーヒルズにあるホテルのスイートルームに呼び出し、2人きりの部屋でグウィネスの手を握り、ベッドに行くよう促したという。

 グウィネスは「私のおじさんのような人だと思っていたのに!」と、信頼していた人に裏切られた怒りを爆発させ、そのまま部屋を出て行ったと当時の様子を振り返った。

 その時、グウィネスが交際していたのは米俳優ブラッド・ピット(53)。事のいきさつを説明するとブラピは、あるレッドカーペットイベントでワインスタイン氏と顔を合わせた際に「二度と彼女に触るな」と警告したという。

 グウィネスによると、ブラピに悪事をバラされたことに怒り心頭のワインスタイン氏は電話をかけてきて、長時間にわたり怒鳴り散らした。そのため「キャスティングから外されると思った」と語った。

 そのブラピと後に結婚し、現在は離婚協議中の米女優アンジェリーナ・ジョリー(42)もワインスタイン氏から過去にセクハラ被害を受けたと証言した。

 米芸能サイト「TMZ」によると、アンジーは98年、同氏が製作した映画「マイ・ハート、マイ・ラブ」に出演。同作品のPRツアーのため宿泊していたホテルの部屋で同氏に迫られたが、関係を持つことを断固拒否。同氏は引き下がったという。

 アンジーは、ワインスタイン氏に嫌悪を感じていたため、それ以降は一緒に仕事をすることを避け、同氏の性癖について他の女優たちに注意をうながしてきたと語った。