20
October , 2017
Friday


ハリウッドのセクハラ疑惑 ついにレイプ被害訴える女優ら3人が衝撃告白

2017年10月12日(木)04時00分更新
Pocket

レイプ被害を訴えたアーシン(@asiaargento/instagram)

レイプ被害を訴えたアーシン(@asiaargento/instagram)

 ハリウッドの超大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン氏(65)によるセクハラ被害の証言が続出する中、少なくとも女優ら3人がセクハラどころか「レイプされた」と訴える爆弾告発が飛び出した。

 米誌「ニューヨーカー」は、ワインスタイン氏のスキャンダルについて過去10か月にわたり、性的被害を受けたと訴えた13人のハリウッド女優らから聞き取り調査を行い、その結果を10日の同誌最新号で「押しの一手から性的暴行へ~ワインスタイン氏の告発者が語る彼女らの証言」と題する記事を掲載した。

 同誌によると、ワインスタイン氏にレイプされたと証言したのはイタリア人女優で監督のアーシア・アルジェント(42)、米元女優と同氏の会社の元女性社員だ。

 アーシアが性的暴行を受けたとされるのは1997年、21歳の時。ワインスタイン氏が宿泊していたフランス南部のリゾート地リヴィエラのホテルに連れ込まれ、抵抗したがフェラチオを強要されたという。

 これまで沈黙してきた理由についてアーシアは「彼は映画界の超大物。もし被害を訴えたら私は業界から消されることが分かっていたから」と語った。

 セクハラ被害について米オスカー女優ミラ・ソルヴィノ(50)もニューヨーカー誌に被害を告発した。それによると、95年、ワインスタイン氏が製作し、ミラが主演した「誘惑のアフロディーテ」がトロント国際映画祭に出品されたため、2人は同地に滞在した。ミラが宿泊していたホテルの部屋にやってきた同氏は「私の肩をマッサージしはじめて気持ち悪かった。そのうち体を近づけ、もっと迫ってきた」と同氏によるセクハラ行為を暴露した。

 その後も、ワインスタイン氏はビジネスにかこつけてミラの自宅を訪れたことも。その際、ミラは交際中の恋人が来ることを告げ、同氏を追い返したと明かした。

米オスカー女優のミラもセクハラ被害暴露(@mirasorvino/instagram)

米オスカー女優のミラもセクハラ被害暴露(@mirasorvino/instagram)