20
October , 2017
Friday


仮面女子が「秋葉原観光大使」に任命!月野もあが「秋葉ミツバ」コスプレ姿も披露

2017年10月13日(金)02時00分更新
Pocket

  秋葉原のあらゆる地下アイドルたちの中でも、「秋葉原P.A.R.M.S」を拠点に365日ライブパフォーマンスを披露しているのが仮面女子(Twitter@AliceProject_mb)。10月6日に「秋葉原観光大使」の任命式が開催されました。

 

 秋葉原を拠点として5年。その活動が認められて、秋葉原観光推進協会から観光大使に任命された仮面女子。まずは、おなじみのエモりっぱなしになるライブパフォーマンスを披露。会場の「秋葉原P.A.R.M.S」には、平日昼にも関わらず、超満員のファンが駆けつけて、SEからスチームガールズ、アーマーガールズ、アリス十番としての登場で早くもスパーク! 「ペルソニア」「電☆アドベンチャー」「夏だね☆」の3曲を全力疾走パフォーマンス。もちろんボートも客席に入りました!

 麻雅も、何度も仮面女子ライブ取材をしているので、トイレットペーパーガンはもちろん、ボートの前に移動することも覚えました(笑) ライブ中に、写真撮影とは別に注目していたのは「ステップ」。月野もあちゃんの「空中にずっと浮いている」ような、つま先と踵を別に使うことの凄さを実感しておりました。

 移動パターンを見ているとすごいですから、仮面女子。撮影するので今まで経験がないのですが、誰かにずっと注目をしていると、1曲中の移動距離が分かると思います! そしてライブ後に就任式がスタート。事務局長・今泉氏とAKIBA観光協議会の面々が、仮面を被り登壇すると「オオオオー!」と客席もどよめく。関係各所の方々もびっくりしたことでしょうね(笑)。 リーダー・桜のどかちゃんが任命状を受け取り、続いてスクリーンに登場したのは、10月7日から放送開始するアニメ「つうかあ」(AT-X、TOKYO MX、サンテレビ、KBS京都、BSフジ、AbemaTVにて放送)と、秋フェス2017のタイアップキャンペーンの説明。そこに登場したのは、森カノンちゃんと立花あんなちゃんが、同アニメのコスプレで登場。 さらに11月3日まで続く秋フェス2017(http://jp.akihabara-japan.com/akifes2017/)の仮面女子コラボや、秋葉原観光推進協会が制作した、秋葉原おもてなしキャラクター「秋葉ミツバ」(キャラクターデザイン・さいね)のC.V(キャラクターボイス)を声優としても活動をしている、月野もあちゃんが担当することが発表され、もあちゃんがコスプレ姿を披露。カノンちゃん&あんなちゃんが、「私たちのときとリアクションの大きさが違うんだけど」とボヤきましたけど(笑)、ライブ後にウィッグまで被ってのコスプレにはファンは大歓声をあげてました。

 こちらも任命状が同協会から手渡され、さらにこのキャラが「AIという設定になっている」とのことから、先ごろ、仮面女子と「電☆アドベンチャー」によるコラボで、AIによる作詞を行った坂本教授が登壇。秋葉ミツバちゃんと秋葉原をテーマにしたAIによる歌を作ることが発表されてさらに盛り上がり! ちなみに秋葉ミツバちゃんは、秋葉原ドン・キホーテ店に設置されているデジタルサイネージで聞くことができるそうです。今後、さらに設置箇所を増やして情報発信のベースになっていくことでしょう。詳細はHPにてどうぞ。

 

 さらにさらに、もあちゃんC.V就任記念の目覚ましアプリがリリースしました。こちらはApp Store、Google playで入手できます。自分のキャリアでDLしてください。 実は海外からの訪問客は前年度より低くなっているそうですが、「日本の萌えを代表する秋葉原が街のレベルを飛び越え、「萌えの国」のようなイメージでさらに発信をしていきたい」と語る今泉氏。 「秋葉原のアピールとともに、仮面女子をさらに大きく、国外へとアピールしていきたいです」と語るリーダーののどかちゃん。 C.Vのみならず、コスプレをして、「本当に嬉しいです! 頑張ります」と語るもあちゃん。秋葉原がさらなる発展を遂げる牽引役は、仮面女子ということです。 取材/写真=麻雅庵(Twitter@an_asaga_otft