12
December , 2017
Tuesday


米人気リアリティ番組「カーダシアン家」2年分出演料170億円で再契約

2017年10月25日(水)02時43分更新
Pocket

やり手〝ステージママ〟のクリス(@krisjenner/instagram)

やり手〝ステージママ〟のクリス(@krisjenner/instagram)

 米国で大人気のリアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」の契約が更新され、同家の母親クリス・ジェンナー(61)と番組を放送するケーブル局E!は今後2年間計5シーズン分の出演料として破格の1億5000万ドル(約170億円)で合意したと米芸能サイト「TMZ」が報じた。

 同番組は2007年10月にスタートし、丸10年を迎えた今月、シーズン14が始まった。出演者はクリスをはじめ、元夫で著名弁護士のロバート・カーダシアン氏(故人)との間の子であるコートニー(38)、キム(37)、クロエ(33)のカーダシアン3姉妹と末っ子の長男ロブ・カーダシアン(30)。加えて前夫で現在は性転換したケイトリン・ジェンナー(67)と、ケイトリンとの間の子、ケンダル(21)とカイリー(20)のジェンナー姉妹だ。番組は毎週、同家の家長であるクリスと、その娘たちの日常を追う、今や米国一有名なセレブ一家のドキュメンタリーだ。

 ちなみにケイトリンは76年のモントリオール五輪の陸上十種競技で米国代表として金メダルを獲得。2度の離婚の後、91年にクリスと再婚するが2015年に離婚した。その後、性転換してブルースからケイトリンに改名。同番組には最初から出演し、離婚した現在もジェンナー姉妹の親として度々登場する。

 TMZによると、子供たちのマネジャーでもあるクリスは、出演料の中から10パーセントにあたる1500万ドル(約17億円)をマネジメント料として徴収する。これは“家族価格”。ハリウッドで通常のマネジメント料は15パーセントだという。

 残る1億3500万ドル(約153億円)を、クリスが6人の子供たちと自分自身やケイトリン、それにそれぞれの配偶者や恋人ら出演者にギャラとして振り分けることになるとTMZは伝えている。