21
November , 2017
Tuesday


役にたたない英語おせーたる(191)ボストン旅行

2017年10月28日(土)09時00分更新
Pocket

18世紀開業のレストランなどが立ち並ぶ

18世紀開業のレストランなどが立ち並ぶ

史跡めぐりに便利なフリーダムトレイルの指標

史跡めぐりに便利なフリーダムトレイルの指標

 しばらく前に、夫がBoston(マサチューセッツ州ボストン)に行きたがるので、Boston旅行を企画したと書いた。で、先日、その企画を実行に移した。

 Amtrak(アムトラック、全米鉄道旅客輸送公社)に揺られること4時間。走行距離は220マイル程度(約350キロ)だから、のぞみなら1時間ちょっとである。スピードに少々不満が残るものの、それを除けばAmtrakの旅は快適である。

 Bostonには昼過ぎに着いた。各自バックパック一つと軽装だったこともあり、ホテルにチェックインする時間を惜しんで、早速、Freedom Trail(フリーダムトレイル)を歩くことにした。Freedom Trailというのは、Bostonのダウンタウンを中心に史跡をつなぐ「道」のことで、歩道に赤いレンガで線が敷かれている。これをたどっていけば、歴史的建物や事件のあった場所に行けるのである。長さは2・5マイル(約4キロ)なので、簡単に歩ける距離だ。

 Bostonは米国で最も古い町の一つのため、植民地時代からの、特にAmerican Revolution(米独立革命)に関わる歴史があり、これが観光客に魅力となっている。日本で言うところの京都のようなものかな。

 観光客が多いため、住民も観光客慣れしているし、観光客に優しい、と感じた。例えば、ドライバー。今暮らしているNew Jersey(ニュージャージー州)や仕事場のあるNew York City(ニューヨーク市)のドライバーの運転マナーは、概して非常に悪い。ところかまわずぶっ飛ばすわ、歩行者を優先しないわ。だが、Bostonのドライバーは、きちんと停まってくれるし、人通りの多い道では低速運転だ。

 気がいいのはドライバーだけではない。Bostonに着いて、地下鉄に乗り換えたいのだが地下鉄の駅の場所が分からず、Information Desk(インフォメーションデスク)で担当者が戻ってくるのを待っていると、そばにいた人が”Can I help you? I don’t know if I can, but at least I can listen.”(どうしました?私では助けにならないと思いますけど、聞くことはできますよ)と声をかけてくれた。

 その人のおかげで地下鉄の場所が分かり、地下鉄の駅に着いたまではよかったが、目的地に行くための下車駅が分からないのと、そもそも地下鉄の乗り方が分からない。若い案内係がいたので、”We’re going to such and such. What stop should we get off?”(どこそこに行くんですけど、どの駅で降りればいいですか?)と聞いてみた。

 ”You’re going to get off at North Station. Take Red Line and change to Green or Orange at Downtown Crossing, alright?”(ノースステーションですね。レッド路線に乗って、ダウンタウンクロッシングでグリーンかオレンジ路線に乗り換えるんですよ)と言われた。”Oh, we will change trains. How can we transfer, then?”(電車を乗り換えるんですか。どうやって?)。この質問はすっとぼけて聞こえたに違いない。「はあ?」という顔をされたものの、意を解してくれたようで、”No, you don’t need to get out of the station. Trains run through the same station.”(駅を出る必要はありません。電車は同じ駅に乗り入れています)と教えてくれた。なるほど、New York Cityの地下鉄と仕組みが違うんだ。

 この案内係のお嬢さん、非常に面倒見のいい人で、この後、私たちが自動発券機の前ですったもんだしているのを見て、さらに助け舟を出してくれた。よかった、観光客に優しいBostonで。New York Cityでこんなにもたもたしていたら、舌打ちされるに違いない。

 歩き疲れて、ホテルに帰り、近くのバーで夕食をとったが、このバーもそうだし、翌日食事をしたレストランも、waitperson(ウエイター)が好感が持てる人たちだった。ま、この国はチップ制だから、waitpersonはたいがい愛想がいいものだが。

 Bostonには、18世紀就航でいまだ現役の艦船、18世紀開業のレストラン、古い石畳、教会などなど、古いものがいっぱい。古いものを保存する一方で、新しいものもあり、それらがうまい具合に混在していて心地よい。観光客に優しいということも手伝って、非常に魅力的で快適な小旅行となった。

18世紀就航でいまだ現役の艦船

18世紀就航でいまだ現役の艦船

1770年3月5日ボストン虐殺事件発生現場の記念碑

1770年3月5日ボストン虐殺事件発生現場の記念碑