24
November , 2017
Friday


ちょいワル火遊び馬券【京王杯2歳S】【ファンタジーS】

2017年11月2日(木)02時30分更新
Pocket

ファンタジーS(11月3日・京都11R)

粘り腰評価、コーディエライト◎

コーディエライトは新潟2歳Sで大外15番枠から逃げて僅差の➁着に粘り込んだ。Sペースの恩恵があったとはいえ父ダイワメジャー譲りのしぶとさは特筆もの。中京未勝利戦1400mで後続に6馬身差圧勝したように1Fの距離短縮は好材料で本命◎。キャリア豊富なペイシャルアスがMデムーロ騎乗で対抗○。単穴▲は札幌のデビュー戦勝ちが鮮やかだったスズカフェラリー。次走のりんどう賞は出遅れて届かなかったがコンマ1秒差③着まで押し上げてきた差し脚は評価できる。特注★中京2歳S勝ちのアマルフィコースト。新馬戦の逃げ切りから一転、差しても味のある自在性を示した。期待の新種牡馬ロードカナロア産駒アルモニカ以下△印4頭を押さえに回す。

◎コーディエライト

○ペイシャルアス

▲スズカフェラリー

★アマルフィコースト

△アルモニカ

△アーデルワイゼ

△ベルーガ

△モズスーパーフレア

 

京王杯2歳S(11月4日・東京11R

大器タワーオブロン)ドンの勝機!

函館と小倉の2歳チャンピオンが参戦してきたが本命◎には前走阪神のオープン特別を楽勝したタワーオブロンドンを指名する。そのききょうSで0秒6差➁着のバーニングペスカ、1秒3差➄着のアイアンクローが小倉2歳Sで差のない③着➁着だったことからもこの馬のスケールが窺える。対抗○もオープン特別勝ちから臨むタイセイプライド。中京、新潟と左回りで連勝しており東京コースに不安はない。重賞勝ち馬2頭の比較では走るごとにレース運びが上手くなってきたアサクサゲンキに▲、カシアスは間隔がやや空いた分だけ★とする。ブランボヌールの下エントシャイデン、決め手非凡なトーセンアンバー、デビューから③➁①着と上り調子のピースユニヴァースに△。

◎タワーオブロンドン

○タイセイプライド

▲アサクサゲンキ

★カシアス

△エントシャイデン

△トーセンアンバー

△ピースユニヴァース