24
November , 2017
Friday


G線上のホース アルゼンチン共和国杯 「3歳馬を見極める東西重賞」

2017年11月4日(土)07時00分更新
Pocket

東京11R アルゼンチン共和国杯

今週は変則3日間開催の真っ只中ですが、当欄はいたって通常の更新とさせて頂きました。先週の競馬も東西では激しい雨の影響が出ていました。レース当日は勿論ですが、本当に怖いのは今後です。天皇賞では上がり3Fが45秒も掛かった馬がおり、好走した馬に関しても負担が掛かる競馬だったのには違い有りません。古馬の王道路線はジャパンCと有馬記念の2レースを残しており、別路線組の台頭を注意した方が良いでしょう。大事なことなので何度も言いますが、10月の開催は本当に特殊でした。上のクラスの馬でなくとも、11月以降の競馬は前走着順をいかに度外視出来るかに掛かっているかもしれません。また今週はGIの中休みとして馬券を激しく買うというよりは「静観」の週にしたい、そういう意味でも通常更新とさせて頂きました。今後の為ど考え、どうかご了承下さい。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】スワーヴリチャード 自信度★★☆☆☆

◎スワーヴリチャード
○サラトガスピリット
▲レコンダイト
△ハッピーモーメント
△アルバート
△プレストウィック
△デニムアンドルビー
☆トルークマクト
  
ダービー2着馬のスワーヴリチャードが古馬混合のハンデ戦から始動。神戸新聞杯から菊花賞のローテーションが従来の強い3歳牡馬の王道だったが、結果はどうあれこのローテーションを選んだ陣営を高く評価したい。同馬は左回りの芝レース【1.2.0.0】で、右回りは【1.1.0.1】と一見差は無いが左回りが全て重賞なのに対して、右回りは新馬戦と未勝利戦と皐月賞。その皐月賞(6着)の走りを見る限り、右回りでは本来のパフォーマンスを発揮出来ない可能性が高い。ここを使ってジャパンCへ向かうのがこの馬にとっては最適のローテーションになるはず。
相手選びが難しいが、アルバートで問題ないと思うがハンデが少し厳しめ。もしかしての馬券圏外の可能性も有ると考えて少し評価を下げた。雨が続いて高速上がりが要らないのが今の東京の馬場。◎と同じハーツクライ産駒2頭に注目して相手に抜擢する。同じ3歳馬のセダブリランテスは強さこそ認めるが、傾向からディープブリランテ産駒は長距離が向かないと判断して消しで攻めてみる。馬券は単勝と馬連、3連複は軸1頭流しで買う。

京都11R みやこS

【推奨馬】エピカリス 自信度★★☆☆☆

◎エピカリス
○テイエムジンソク
▲タガノヴェリテ
△タムロミラクル
△ローズプリンスダム
△タガノディグオ
△シャイニービーム
 
エピカリスですらJBCに出走できないのが現行のダート路線の難点。3月のUAEダービーでは海外の強豪相手に僅かに及ばず2着。前走のレパードS(3着)は海外遠征帰りで、しかもアクシデントによる取り消し明け。直線が狭くなる不利さえなければ余裕で突き抜けていた。馬券妙味も正直なく、ここは容赦ない勝ち方を見せて欲しい。
ムラの有るモルトべーネを嫌うしか馬券で儲ける手段は無さそう。下級条件と違い、京都ダート1800mでも差し馬の台頭が期待できるのがこのレース。差して同条件を連勝のタガノヴェリテ、ハマり待ちのタムロミラクルの2頭が妙味有りか。馬券は◎の単勝と馬連、3連複は軸1頭流しで手広く買ってみたい。

【純・推奨馬】

東京2R 2歳未勝利(ダ1300m) アメリカンファクト 自信度★★★☆☆

※単複のみ推奨
今年もモルトアレグロやモズスーパーフレアが走っているスペイツタウン産駒。昨年はリエノテソーロが大活躍したが、基本はダート種牡馬として考えたい。デビュー戦は芝のマイルで走ってくれたらラッキー位の感覚だったのでは?距離短縮での初ダート、激変の下地は有るし、ダートならば当然の好走を期待できる。

東京1R 2歳未勝利(ダ1600m) オペラカイジン 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
メイショウボーラ―産駒のダート替わり。新馬戦(9着)のダート使いは馬が若く、芝の中距離でそこそこの競馬をしたが配合からはやはりダート。母母ワルツダンサーはオープン馬4頭を輩出した名繁殖。立て直しての減量騎手で買うならばここから。