21
November , 2017
Tuesday


ブリトニー・スピアーズ〝画伯〟が描いた花の絵 117万円で売れたワケ

2017年11月8日(水)03時13分更新
Pocket

落札したブリトニーの絵を手にするリーチ氏(@johnnykats1/instagram)

落札したブリトニーの絵を手にするリーチ氏(@johnnykats1/instagram)

 米歌手ブリトニー・スピアーズ(35)が〝画伯〟になった?!米ファッション誌「ヴァニティ・フェア」によると、ブリトニーが描いた花の絵が今週オークションに出品され、驚きの1万ドル(約117万円)で落札された。

 実はこれ、先月1日、58人が死亡し、500人以上が負傷したラスベガス銃乱射事件の犠牲者や家族を支援するプロジェクト「ベガス・ケアーズ」のために開かれたチャリティーオークションにブリトニーが出品したもの。

 ブリトニーは「私が描いたこの花は新たな始まりを象徴するもので、前に向かって進むという気持ちが込められています」と、ベガスのオークション会場にビデオメッセージを送り、そう説明した。

 この絵を落札したのは、オークションを開催したロビン・リーチ氏自身。額に入れられたブリトニーの絵を手にし、にこやかな表情の同氏の写真はインスタグラムで公開された。

 一方、ブリトニーは先月13日、モーツアルトを聴きながら、この絵を創作する様子を動画に収め、ツイートしていた。