24
November , 2017
Friday


モズカッチャン 時計のかかる馬場OK

2017年11月9日(木)05時10分更新
Pocket

オークス2着に続き、落鉄していた秋華賞でも0秒2差3着とGⅠ制覇まであと一歩のモズカッチャン。3戦目で初勝利を挙げたように使い込んで良くなるだけに、さらなる上積みが見込める。
 フローラSでの勝利は父ハービンジャーにとって、初めての牝馬産駒による重賞制覇でもあった。それまでの重賞勝ち馬ベルーフ(京成杯)、ドレッドノータス(京都2歳S)、プロフェット(京成杯)、ペルシアンナイト(アーリントンC)、さらには秋華賞馬のディアドラと異なり、母系にサンデーサイレンスを持たないのが配合面での特徴だ。
 母サイトディーラー(父キングカメハメハ)は不出走馬で、祖母ベストブート(父ストームブート)は米1勝。産駒に札幌2歳S2着で、かきつばた賞、北上川大賞典と岩手の重賞2勝のモズ、京王杯2歳S2着のクインズハリジャンがいる。
 曽祖母ブライトティアラも米1勝。産駒には南部杯などダート重賞5勝のゴールドティアラ、英GⅠクイーンエリザベスⅡ世Sのポエツヴォイスがいる。また、ゴールドティアラの産駒には万葉S、札幌日経オープンなど6勝のゴールデンハインド、上賀茂Sなど5勝のロングロウがおり、孫からは富士Sの勝ち馬で天皇賞・秋で2、3着したステファノスが出る。
 13年のメイショウマンボ以来、3歳馬は勝っていないが、斤量面では3歳馬が有利なレース。現在の時計がかかる馬場もモズカッチャン向きだろう。 (笹栗康昭)