21
November , 2017
Tuesday


ちょいワル火遊び馬券【デイリー杯2歳S】【武蔵野S】【エリザベス女王杯】【福島記念】

2017年11月10日(金)05時59分更新
Pocket

デイリー杯2歳S(11月11日・京都11R)

完成度で圧倒!フロンティア◎

フロンティアは新潟2歳Sを勝ってデビューから2戦2勝。ともに先頭もしくは2番手に付けて上りタイムも上位を記録する理想的なレース運びで、現時点での完成度は他馬の追随を許さない。無傷の3連勝が濃厚で本命◎。対抗○はデビュー戦の最終コーナーで若さを見せつつも余裕たっぷりに抜け出してきたジャンダルム。母ビリーヴ、半兄ファリダットでこの距離がぴったりの印象。3番手の▲にケイアイノーテック。初戦で内から抜けてきた脚にレース巧者を感じさせた。あとは横並び評価の△にカツジ、メガリージョン、ロードイヒラニ。

◎フロンティア

○ジャンダルム

▲ケイアイノーテック

△カツジ

△メガリージョン

△ロードイヒラニ

 

武蔵野S(11月11日・東京11R)

舞台適性でゴールデンバローズ◎

5歳馬ゴールデンバローズは全5勝をこの距離で挙げているマイル巧者。加えてその全てが東京というコース巧者でもある。鞍上ムーアとのコンビも(2111)と好相性、久々でもここに狙い澄ました感があり期待込みの◎。サンライズノヴァは3歳馬ながら斤量は規定で◎と同じ56k。その分評価は一枚下げての〇としたが、ユニコーンS勝ちの内容は素晴らしく大きく出遅れない限り逆転も十分。長い直線で持ち味の追い込みが生きそうなカフジテイクに単穴▲。一方、有力馬の多くが差しを武器にしているだけに先行の利がありそうなブラゾンドゥリスに特注★。以下クインズサターン、インカンテーション、ノンコノユメ、モーニンに△。

◎ゴールデンバローズ

○サンライズノヴァ

▲カフジテイク

★ブラゾンドゥリス

△クインズサターン

△インカンテーション

△ノンコノユメ

△モーニン

 

エリザベス女王杯(11月12日・京都11R)

今が女盛り!7歳馬スマートレイアー◎

3歳から7歳まで各世代の代表馬が揃って実力伯仲の大激戦!本命◎には敢えて7歳馬スマートレイアーを抜擢する。前走の京都大賞典での鮮やかな差し切りを見るとまさに今が旬。主戦の武豊が乗れなくなったのは誤算だが川田なら御せるはず。対抗○にミッキークイーン。やや勝ち味に遅いが常に上位に食い込んでくる安定感は特筆もの。休み明けを全く苦にしないタイプだけに大きく狙いたい。単穴▲はミルコ騎乗のモズカッチャン。秋華賞③着は落鉄があってのもの。今回は当時①➁着のディアドラ、リスグラシューより上位にとる。特注★はドバイのGⅠ勝ちが光るヴィブロス。△印に4頭を挙げるが印を回せなかった中にも伏兵が潜む。

◎スマートレイアー

○ミッキークイーン

▲モズカッチャン

★ヴィブロス

△ディアドラ

△リスグラシュー

△ルージュバック

△クイーンズリング

 

福島記念(11月12日・福島11R)

機動力で優位に立つサンマルティン◎

小倉記念ではハナ差で重賞初制覇を逃したサンマルティンだが、今回のメンバーなら堂々の主役を張れるとみて本命◎。先行して二の脚が使える自在性は小回り福島でこそ威力が倍加する。ハンデ55kも他馬に比べて恵まれた印象だ。相手筆頭の〇に古豪ヒストリカル。ペースに左右されるのは否めないが、前走の毎日王冠でもGⅠ馬を相手にメンバー最速の上りタイムを記録、8歳馬とはいえまだまだ見限れない。▲には叩き一変が期待できる3歳馬ウインブライト。皐月賞、ダービーはさすがに相手が強かったが、GⅡスプリングS勝ちがあるように潜在能力は十分。特注★に七夕賞➄着、小倉記念③着と上昇気配にあるフェルメッツァ。以下△印4頭。

◎サンマルティン

○ヒストリカル

▲ウインブライト

★フェルメッツァ

△スズカデヴィアス

△マイネルミラノ

△マサハヤドリーム

△ショウナンバッハ