12
December , 2017
Tuesday


【訃報】70年代米アイドル歌手デヴィッド・キャシディさん死去 67歳

2017年11月22日(水)02時56分更新
Pocket

「デイドリーマー」が世界的大ヒットを記録した当時のデヴィッドさん(@thepartridgefamily/instagram)

「デイドリーマー」が世界的大ヒットを記録した当時のデヴィッドさん(@thepartridgefamily/instagram)

 1970年代、「デイドリーマー」の大ヒットで日本でも人気を集めた米歌手デヴィッド・キャシディさんが21日、肝不全のためフロリダ州フォートローダーデール近郊の病院で亡くなった。67歳。

 デヴィッドさんは69年に19歳の時にブロードウエーで初舞台を踏み、翌年にロサンゼルスに移り住んだ後は「鬼警部アイアンサイド」や「ボナンザ」などテレビドラマにゲスト出演した。

その演技力が関係者の目に留まり、未亡人となった母親と5人の子供たちが音楽バンドと組んで大ブレークするというストーリーのホームドラマ「パートリッジ・ファミリー」で長男キース役を射止めた。

 番組内でバンドが演奏し、デヴィッドさんが歌った楽曲は実際に大ヒット。最初のシングル曲「悲しき初恋」は同年12月にビルボードのシングルチャート1位を獲得した。翌年にはドラマ内の架空のバンドでありながら、グラミー賞で最優秀新人賞にノミネートされた。

 ドラマでの歌唱力と甘いルックスにより瞬く間に全米のアイドルになったデヴィッドさんは71年、「チェリッシュ」でソロデビューを果たし、73年の「デイドリーマー」は世界的に大ヒット。中でも英国ではシングルチャートで3週連続1位を記録した。 

 デヴィッドさんは今年、認知症を発症したことを公表。実の母親や祖父も同じ病気だったことから「覚悟は出来ていた」と語っていた。11月に腎臓と肝臓の臓器不全のため集中治療室に入院していた。