12
December , 2017
Tuesday


ちょいワル火遊び馬券【京都2歳S】【ジャパンC】【京阪杯】

2017年11月24日(金)02時30分更新
Pocket

京都2歳S(11月25日・京都11R)

デムーロ兄弟の◎〇決着濃厚

タイムフライヤーはデビュー戦こそ0秒1差の➁着だったが、その後の未勝利、オープン特別をともに快勝。初戦で接戦を演じたロックディスタウンが次走で札幌2歳Sを勝っていることからも今回のメンバーなら当然首位不動とみて本命◎。相手筆頭の〇にデビュー戦での末脚に見るべきものがあったスラッシュメタル。デムーロ兄弟のワンツーが濃厚だ。単穴▲には2000m戦2勝の経験値を買ってマイハートビート。ダービー➁着サトノラーゼンの下で血統的にも一本筋が通っている。単騎先行が叶いそうなケイティクレバー、2戦目で大幅な変わり身が見込めるグレイルに△。

◎タイムフライヤー

○スラッシュメタル

▲マイハートビート

△ケイティクレバー

△グレイル

 

ジャパンC(11月26日・東京11R)

復活マカヒキの一発!

極悪馬場の天皇賞でクビ差の叩き合いを演じたキタサンブラック、サトノクラウンはともに中間の乗り出しがいつもより一週遅れた。最終追い切りからは窺い知れない疲労残りの懸念が少なからずある。一方➄着だったマカヒキはレース後の調整も至って順調、この秋3戦目でようやく本来の出来に戻った感があり、4歳馬優勢のデータからも一発の期待十分で◎。対するは今年のダービー馬レイデオロ。ここに来ての3歳馬の活躍は目覚ましいものがあり、その頂点に居るからには古馬一線級相手でも引けは取らないとみて〇。天皇賞の①➁着馬は前記の理由で▲★とした。天皇賞③着レインボーライン、昨年③着のシュヴァルグランとソウルスターリング、シャケトラに△。

◎マカヒキ

○レイデオロ

▲キタサンブラック

★サトノクラウン

△レインボーライン

△シュヴァルグラン

△ソウルスターリング

△シャケトラ

 

京阪杯(11月26日・京都12R)

セイウンコウセイ必勝態勢!

過去10年で関東馬は僅か1勝と大苦戦を強いられているが、09年のその唯一の勝ち馬プレミアムボックスは上原厩舎の所属馬。今回同厩舎は高松宮記念馬セイウンコウセイを送り込む。騎乗機会(2100)の松田騎手がこの中間美浦まで出張して調教をつけていることからも勝負気配濃厚で◎。対抗○は高レベル3歳牝馬のジューヌエコール。函館SSレコード勝ち後の前走スワンS大敗は休み明けとプラス10kの重め残り、デイリー杯2歳S勝ちがある京都で巻き返し必至。スプリンターズS僅差③着のソルヴェイグが前走のオープン特別を勝って再び上昇気配にあり逆転十分の▲。快速フィドゥーシアの充実ぶりに特注★。昨年の覇者ネロ以下△4頭。

◎セイウンコウセイ

○ジューヌエコール

▲ソルヴェイグ

★フィドゥーシア

△ネロ

△アットザシーサイド

△ビップライブリー

△ヒルノデイバロー