11
December , 2017
Monday


ちょいワル火遊び馬券【ステイヤーズS】【チャレンジC】【チャンピオンズC】

2017年12月1日(金)02時30分更新
Pocket

ステイヤーズS(12月2日・中山11R)

3連覇濃厚アルバート◎

アルゼンチン共和国杯で不動の◎としたアルバートだったが、さすがに58.5kのトップハンデが応えたか3歳馬スワーヴリチャードの後塵を拝した。今回は一昨年、昨年と連勝している、言わばこの馬にとっては年間最大の目標レース。別定の57kに戻り陣営としても必勝態勢にあるはずで再度◎に期待。先週のジャパンCでシュヴァルグランに初GⅠをもたらしたボウマン騎乗のフェイムゲームに〇。長距離戦での実績が抜けているこの2頭のマッチレースが濃厚で、③着候補の筆頭の★に3走前グリーンS2400m戦レコード勝ちの内容が良かったシホウを挙げる。あとはプレストウィックとシルクドリーマー、さらに意外性のあるデルマサリーチャンに△。

◎アルバート

○フェイムゲーム

★シホウ

△プレストウィック

△シルクドリーマー

△デルマサリーチャン

 

チャレンジC(12月2日・阪神11R)

舞台設定変わってマイネルミラノ勇躍!

昨年までの外回り1800mから今年は内回りの2000mに舞台が変わる。先行脚質で立ち回りの上手いマイネルミラノには格好の条件となった。前走福島記念から2k減も有利で逃げ切り十分の◎。勢いに乗る3歳馬ブレスジャーニー、サトノクロニクルに〇▲。前者はすでに2歳重賞を2勝している実績馬。菊花賞はほぼ一年ぶりの出走で競馬にならなかったが一度叩かれての見直しが必要で、後者も京都新聞杯➁着、セントライト記念③着と世代上位の能力を持つ。★は当距離5勝のレッドソロモン。年齢的な陰りが見えるデニムアンドルビー、やや距離不足の感があるモンドインテロらは③着の穴として△に止めた。

◎マイネルミラノ

○ブレスジャーニー

▲サトノクロニクル

★レッドソロモン

△デニムアンドルビー

△モンドインテロ

△マサハヤドリーム

△ジョルジュサンク

 

チャンピオンズC(12月3日・中京11R)

上昇度を見込みケイティブレイブ◎

JBCクラシックからの参戦馬が良績を挙げている傾向からそこで➁着だったケイティブレイブを本命◎に推す。優勝したサウンドトゥルーより上位にとる理由は年齢による上昇度。3走前の帝王賞では現実にサウンドを破ってGⅠ初制覇を果たしており、4歳だけに勢いはこちらにあるとみた。ここ5戦で4勝➁着1回と快進撃を続けている5歳馬テイエムジンソクが脅威で対抗○。サウンドトゥルーは単穴▲評価としたが昨年の覇者でもあり再度展開が向けば連覇も十分。特注★に今春のフェブラリーSを勝ったゴールドドリーム。追い切りの動きが絶好だった。△印4頭にも上位台頭の力があり馬券は超難解。

◎ケイティブレイブ

○テイエムジンソク

▲サウンドトゥルー

★ゴールドドリーム

△アウォーディー

△コパノリッキー

△グレンツェント

△ミツバ