12
December , 2017
Tuesday


アンジェリーナ・ジョリーに憧れるイラン人女性の写真が衝撃的過ぎる!

2017年12月6日(水)04時08分更新
Pocket

アンジーとサハルさん(@viverdiario/instagram)

アンジーとサハルさん(@viverdiario/instagram)

 先週、海外ニュースサイトが米女優アンジェリーナ・ジョリー(42)にあこがれ、「ここ数か月で50回以上の整形手術を受け、約40キロの減量をしたイラン人」と報じた女性の衝撃写真が「まるでゾンビだ!」などとネットで話題になっている。

 この女性はイランに住むサハル・タバルさん(22)。同国ではインスタグラマーとして人気の一般人だ。ベルギーのニュースサイト「Sud info」が先週、サハルさんのインスタグラムアカウントで公開されていた複数の画像を紹介したところ、世界中からフォロワーが殺到。その数、瞬く間に倍増し、60万人に上った。」

 あまりにショッキングな写真を見たネットユーザーから“ゾンビ・アンジー”などと呼ばれネット上で一躍時の人となった。

 だが、米誌「ニューズウィーク」によると、本人は予期せぬ今回の展開に驚き、ニュースサイトの記事にも反発。「50回も整形していない」などと否定した上でインスタのアカウントを閉鎖してしまった。

 その直後、今度は「パリサ・アミリ」という名前で新たなインスタアカウントを開設。「イラン以外に住む友達の方々へ」という書き出しで「とても困惑しています。イラン人だけフォローを受け付けますので、それ以外の方はご遠慮下さい」とのメッセージを発表。アカウントをプライベート設定にした。

 一方、写真を見たハリウッドで著名な形成外科医マイケル・サルズハウアー氏(45)はニューズウィーク誌の取材に、サハルさんが拒食症である可能性を指摘した。