25
April , 2018
Wednesday


◎血統予想 【中山11R・ターコイズS】【中山10R・仲冬S】【中山9R・ひいらぎ賞】

2017年12月15日(金)01時25分更新
Pocket

【中山11R・ターコイズステークス】

ラビットランの父は北米リーディングサイアーのタピットとあって、ダートの新馬戦を1秒2の大差で勝ってもなんとも思わないが、初芝の500万に続きローズSでも目の覚めるような追い込みを決めたのには驚かされた。父の産駒にはこれまで芝の大物が出ていなかったが、認識を改めなければいけないようだ。母のアメリカでの産駒は3頭が重賞を勝ち、1頭はGⅠで2着となっている。さらにラビットランの1歳下のアサクサゲンキも小倉2歳Sを勝っており、まさに名繁殖といえる。さらに祖母アミーリアはジェンティルドンナの母の父ベルトリーニの半妹という良血だ。

◎ラビットラン
○ミスパンテール
▲フロンテアクイーン
△サザナミ
△デンコウアンジュ
△ディープジュエリー

【中山10R・仲冬ステークス】

◎クロフネビームス
○エポック
▲クライスマイル
△カフェブリッツ
△ロードフォワード
△スピーディクール

【中山9R・ひいらぎ賞】

◎ゴールドギア
○ヴァイザー
▲エングローサー
△ドラゴンハート
△マイネルキャドー
△ソイルトゥザソウル