25
April , 2018
Wednesday


 超人気アイドル勢ぞろい!音圧も激しいライブパフォーマンスを繰り広げた「メリークリスマス!ギュウ農フェス」リポート!

2017年12月31日(日)05時00分更新
Pocket

「ここにいる人たちこそ、リア充ですよね!」と声をかけたのは、BiSのペイ・ウブでした。そこからの凄いコールバックが熱いこと! 12月25日東京・渋谷WWWにて開催されたのは、2017年盛り上がりまくったアイドルフェスである「メリークリスマス!ギュウ農フェス(Twitter@gyuno_fes)」でした。 電撃ネットワークのギュウゾウさん(Twitter@gyuzo_rock)が主催するこのライブは、大人気のライブパフォーマンスを誇るアイドルや、これから出てくるであろうアイドルが勢ぞろいするので定評があります。つまり、「旬も味わえるし青田買いもできる」という美味しいライブなのです。

 この日出演した7組はこちら。 PiGU、 Task have Fun 、・・・・・・・・・(ドッツ東京)、 MIGMA SHELTER、 ヤなことそっとミュート、 BiS 、GANG PARADE。 渋谷WWWのスピーカーシステムを駆使しまくるので、取材中はPA卓の後ろから撮影していたのですが、音圧がビリビリと来るのがまず凄い! ファンたちも、コールはもちろん、アイドルによってはリフトもOKだったりする場合もあり、熱気が会場を渦巻いておりました!

 大阪から登場した「PiGU」の可愛さと激しさの揺り返しと、MCでの関西弁は萌えます。 「Task have Fun」はメンバーが色違いサンタコスでのキュートさ振りまくパフォーマンスを披露。 SFチックなサングラスを全員が装着して、ダークなライティングの中で展開するのは「・・・・・・・・・(ドッツ東京)」。やたらめったらにカッコいい! サウンドもビリビリとビートが響く中で強烈な個性を発揮です。

 アフロビートやアラビア風なスケールのメロディなど、サイケデリックムードがたっぷりでトランス感を醸し出す「MIGMA SHELTER」は、観ていて聴いていて、クセになるパフォーマンスの強さ。全身を使っての旋回ダンスはお見事です。そしてこの日、メンバーのヨネコが12月24日のバースデーを祝い日本酒が振舞われました(前日から飲めるようになったそうです笑)。 可愛いけれど超ロック!

 ドラマティックな展開とお揃いの白ケープに身を包む「ヤなことそっとミュート」(略称=やなミュー)が会場を支配するサウンドとダンスで、ステージから激しい熱光線のごときライブを展開しました。 個人的に超楽しみにしていた「BiS」がスタート! 初手からの盛り上がりとスピーカーからの音圧がさらにヒートアップ! キレキレなダンスは、アイドルらしさとロックらしさの完全なる融合体。疾走感というのはこういうライブをいうのですね。 さらなる個人的な話をすると、白塗りメイクのキカ・フロント・フロンタールが「今日はどんな感じなのだろう」とカメラで追いかけまくってしまいました(笑)。ライブ後にギュウゾウさんが出てきて、「プー・ルイちゃんごめんね」と、とある炎上ネタを謝ると、本人は、「そんなそんな」と言い、他のメンバーは、「そういうところですよ(笑)ここでまた蒸し返さなくていいのに(笑)」というやり取りに爆笑してしまった(笑) 。

 トリを務めたのは、「愚連隊」の文字が何やら嬉しくなってしまう(笑)「GANG PARADE」が登場! メジャーキーでポップな展開、さらにハイになれる楽曲勢ぞろいなです。絶品ボーカルのアヤ・エイトプリンス、メガネキャラのユイ・ガ・ドクソンなど、メンバー全員が個性の塊! 会場も最後の最後まで熱いライブに燃え上がりコール打ちまくり! そしてメンバーにアピールしまくり! 乱れそうな展開から一気に揃ってキメるパフォーマンスに酔いしれまくりました。 各出演者たちは、ステージ終了後に登壇するギュウゾウさんから、「檜のまな板」と「栃木のお米」をプレゼントされたときの微妙なリアクションが最高でしたね(笑)。来年もアイドル界を沸かせてくれると確信している「ギュウ農フェス」は、常にチェック&リサーチ&ロックオンしましょう!

取材/写真=麻雅庵(Twitter@an_asaga_otft