24
January , 2018
Wednesday


G線上のホース シンザン記念「厄介な馬場と雨」

2018年1月7日(日)07時00分更新
Pocket

京都11R シンザン記念

本日は開催3日目、月曜日の予想になります。何とか日曜日に両目が開いてだいぶ気楽になりました。競馬でも他のスポーツでも構わないのですが、新しいシーズンが始まると前年までの数字は全てが0になります。私は競馬の収支を年間でカウントしているので、新年はまさに0からのスタート。競馬予想も馬券もメンタルは大きく影響すると思っています。当たらない時は本当に当たらないし、当たる時はこんなに簡単で良いのかと思ってしまう。良い当たり、悪い外れが有るのは当然ですが、中には悪い当たりと良い外れも有ります。よく考えていないで買った馬が勝ったり、熟慮した上で選んだ馬がちょっとした不利で負けてしまう。長い目で考えると、悪い当たりをするよりかは良い外れの方がプラスに働くと信じたい。その為には、やはり良い予想をして考えることが必要です。当欄が少しでもその作業のお役に立てれば幸いです。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】カフジバンガード 自信度★★☆☆☆

◎カフジバンガード
○ヒシコスマー
▲ブリュス
△ファストアプローチ
△アーモンドアイ
  
ただでさえ難しい京都の馬場に雨予報。頼りになる存在も見出せないのが本音で、少しひねった予想が必要かもしれない。推奨するのはハービンジャー産駒のカフジバンガード。2走前の東スポ杯2歳Sでは力負けの4着も、前走のこうやまき賞では人気のディープインパクト産駒を封じ込めての勝利だったから価値が有る。そして、この馬の最大の武器は道悪適性。3走前の不良馬場(未勝利戦)では水掻きが付いている様な走りで6馬身差の完勝だった。この相手関係でその長所が出せれば、勝ち負けまで持って行けるはず。
相手には同じ極悪馬場を経験済みのヒシコスマー、むしろ重たい馬場で末脚が光りそうなブリュスを警戒。馬券は単複と馬連、3連複軸1頭流しで組み立てる。

【純・推奨馬】

京都10R 羅生門ステークス ルグランフリソン 自信度★★★★☆

※単複のみ推奨
7走前の鎌倉S時にも推奨したルグランフリソン。父スマートストライク×母父シアトリカルのアメリカンなダート配合馬で初ダートながらやれると本気で思っていたが、最内枠で前のめりにゲートを出た時点でゲームセット。それでも直線だけで6着に追い込んでおり、本当にスタートが悔やまれた。今回はそれ以来となるダート戦で待望の外枠。スタートで後手に回らなければ、あの時の借りを返してもらえるはず。

中山5R 3歳500万下(芝2000m) オウケンムーン 自信度★★★☆☆

※単複のみ推奨
菊花賞馬オウケンブルースリの数少ない産駒の中から活躍馬の予感。オウケンムーンの新馬戦は4着に敗れたものの、新潟外回りを後方から進み最速上がり。続く未勝利戦は同じ新潟ながら内回り戦。今度は早め先頭で一気にリードを広げて、後続に6馬身差の圧勝だった(無論、上がりは最速)。半兄ルナプロスペクターは3勝している現役馬で父はカンパニー。なるほど、カンパニーの父父がトニービンでオウケンブルースリの父父も同じトニービン。これは間違い無く好相性の配合で地味な血統でも活躍する下地は十分。スタミナも豊富だろうし、この先の長距離路線で面白い存在になれるかもしれない。

中山1R 3歳未勝利(ダ1200m) スワーリングミスト 自信度★☆☆☆☆

※単複のみ推奨
父ハードスパン×母父シーキングザゴールドの配合ならば、初ダートは是非とも抑えておきたいスワーリングミスト。母母ティーケイはGI4勝のシンボリクリスエスの母にあたる良血。それでも適性を考えると芝のマイルで走る訳が無く、ダート短距離でしっかりと巻き返し。