26
April , 2018
Thursday


ちょいワル火遊び馬券【愛知杯】【日経新春杯】【京成杯】

2018年1月12日(金)02時30分更新
Pocket

愛知杯(1月13日・中京11R)

得意コースでユキヒメ激走!

4年前には3連単470万円超となった波乱必至のハンデ戦。ここは実績よりコース適性を重視、今回と同じ舞台で2勝を挙げているキンショーユキヒメを◎に抜擢する。前走は初ダートでの交流GⅠだっただけに⑫着大敗も止むなし。得意コースに戻っての53kなら勝機はある。〇は昨年の③着馬クインズミラーグロ。昨秋の2戦で精彩を欠いたのは春からの使い詰めが響いたもので、一息入った今回は実力的にも巻き返しが期待できる。本来なら昨年の覇者マキシマムドパリが最有力だがトップH56kが微妙で▲に。特注★が前走ターコイズSで脚を余していたワンブレスアウェイ。キャットコインの下でまだまだ成長が見込める。△印4頭にも押さえ以上の評価が必要。

◎キンショーユキヒメ

○クインズミラーグロ

▲マキシマムドパリ

★ワンブレスアウェイ

△ゲッカコヴ

△シャルール

△メイズオブオナー

△ハッピーユニバンス

 

日経新春杯(1月14日・京都11R)

連覇濃厚!ミッキーロケット

ミッキーロケットの2連覇に期待の◎。昨年の当レースで初重賞を勝って以来勝利からは遠ざかっているが前走の中日新聞杯で中団からしぶとく伸びて②着、再び上昇機運にある。対抗○は昨年③着だったモンドインテロ。チャレンジCはやや距離不足ながら僅差④着、ルメールとの相性も良く昨年の雪辱も十分だ。中日新聞杯で③着だったロードヴァンドールの逃げが脅威で単穴▲。とにかく中京コースは(3112)とよく走る。堅実無比のソールインパクトに★。格上挑戦だった前走アルゼンチン共和国杯で勝ったスワーヴリチャードに0秒4差②着と好走、ハンデ戦なら今回も大崩れはない。末脚ならこのメンバーでも引けを取らないサンタフェチーフ以下△印4頭。

◎ミッキーロケット

○モンドインテロ

▲ロードヴァンドール

★ソールインパクト

△サンタフェチーフ

△パフォーマプロミス

△ベルーフ

△カラビナ

 

京成杯(1月14日・中山11R)

逃げ差し自在のジェネラーレウーノに◎

逃げて2連勝中のジェネラーレウーノだが初戦の③着は中団からの差し込みだった。決して一介の逃げ馬ではなく、好位からの競馬もOKとみて◎を打つ。新馬戦での勝ちっぷりが目立ったのはイェッツト。道中はやや包まれながら直線で前が開くと一気に伸びた脚に能力の高さを認め対抗○。萩SでホープフルSの覇者タイムフライヤーの⑤着に敗れたサクステッドも初戦勝ちの内容に見所があり再評価の▲。追い出してからの反応は鈍かったがエンジン点火後の鋭さは目立ったコズミックフォースに特注★。先行してしぶといコスモイグナーツ、札幌のオープンでタワーオブロンドンに勝っているダブルシャープら4頭が伏兵。

◎ジェネラーレウーノ

〇イェッツト

▲サクステッド

★コズミックフォース

△コスモイグナーツ

△ダブルシャープ

△エイムアンドエンド

△デルタバローズ