20
May , 2018
Sunday


◎血統予想 【中山11R・京成杯】【京都11R・日経新春杯】【中山10R・ニューイヤーS】

2018年1月13日(土)04時41分更新
Pocket

【中山11R・京成杯】

コズミックフォースの母ミクロコスモスは衝撃の上がり33秒4の切れ味でデビューを飾ると、続くGⅠ阪神JFでも3着と好走。その後もクイーンC、フィリーズレビュー、ローズS各4着、秋華賞5着と牝馬重賞戦線で活躍した。コズミックフォースも出遅れながら、メンバー最速の上がり33秒2を駆使して3着まで押し上げたレースぶりには母親譲りの瞬発力が感じられる。クロフネ産駒の半兄アンティノウスはダートの未勝利、500万を連勝し、ユニコーンSでも穴人気となったが、父がキングカメハメハならさらにレベルアップが期待できる。

◎コズミックフォース
○デルタバローズ
▲ジェネラーレウーノ
△スラッシュメタル
△エイムアンドエンド
△ダブルシャープ

【京都11R・日経新春杯】

◎モンドインテロ
○パフォーマプロミス
▲ミッキーロケット
△ロードヴァンドール
△ソールインパクト
△ベルーフ

【中山10R・ニューイヤーステーク】

◎ダノンプラチナ
○ペイシャフェリス
▲アデイインザライフ
△シュウジ
△ショウナンライズ