21
July , 2018
Saturday


仮面女子が環境省「Re-Style」サポーター任命式付き記念ライブ

2018年1月15日(月)12時00分更新
Pocket

    

 サポーターをさせたら日本一アイドルに任命したい!地下アイドル「仮面女子」が環境省「Re-Style」サポーター任命式付き記念ライブが開催されました! 彼女たちの一般的知名度に直結する活動を見ていると、どこが地下アイドルなんだと言いたくなるほどに積極的なサポーター活動をしている「史上最強地下アイドル・仮面女子(http://www.alice-project.biz/kamenjoshi/jp)」。今回は、なんと環境省が推進する「Re-Style」のサポーターに就任されました。その任命式が、1月13日、仮面女子のホームである東京・秋葉原P.A.R.M.Sの「仮面女子カフェ」にて開催されました。

 ライブは、まず仮面女子候補生のエネルギッシュなパフォーマンスからスタート! ファンの熱気も最初から激しい限りです。続いて、「仮面女子」が登場! 「大冒険」~「ペルソニア」のパフォーマンスは、相変わらずの激しく熱いダンスと、スピーカーから2バスキックのサウンドが腰の奥まで響きます。 メンバーがステージ上に整列して、環境省室長が呼ばれて、任命状交付され、センターである立花あんなちゃん(@tachibana__anna)が受け取りました。その後にも、「全開ヒーロー」に続き、「夏だね☆」では、仮面女子ではおなじみの客席へのボートイン! そこに環境省室長のボートも用意されて、客席をボート2基が登場し、大盛り上がりでした。おなじみのトイレットペーパー砲は毎回、「これはちゃんとメンバーがリサイクル使用してます!」と言うのですが、今回はさらに重要なコメントとして、パフォーマンス中にちゃんと発言してましたよ。

 ライブ終了後の囲み取材には、立花あんなちゃん、窪田美沙ちゃん(Twitter@misa__kubota)小島夕佳ちゃん(Twitter@kojima__yuuka)黒瀬サラちゃん(Twitter@sara__kurose)が登場。3R=リデュース(ごみの発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再生利用)についてそれぞれの心構えや、ペットボトルリサイクル工場に見学に行った際の感動を話してくれました。 「ペットボトルの飲みかけは、中身を捨ててラベルを剥がす」 「ゴミをきちんと分別を心がける」←家だとできるけど、そうじゃない場所だといい加減になったりしますよね。 などの、「守らなければならないけれど、意外と忘れがちな話」を、「心がけて、運動に参加します!」と語るメンバーたち。コスト的にいえば、ゴミを出すほうがお金がかからない社会になってしまったことを、切り替えなければならない時代に突入しているわけで、なんでも「いらなくなったらポイ」にならないようにしたいものです。

 365日毎日ホームで開催している仮面女子ライブ、瞬間瞬間に感動が味わえる場所なので、特別なイベントでなくても、「あなたの感動」を蘇らせるように、ライブを見るのはいかがですか? ちなみに私は、川村虹花ちゃん(Twitter@nanaka_kawamura)に、「12月の総合格闘技戦、勝利おめでとうございます」と言えました(笑)

取材/写真=麻雅庵(Twitter@an_asaga_otft