19
June , 2018
Tuesday


キム・カーダシアン&カニエ・ウェスト夫妻に代理母を通じて第3子が誕生

2018年1月17日(水)03時21分更新
Pocket

新たに女児が誕生したキム&カニエ夫妻(@kimkardashian/instagram)

新たに女児が誕生したキム&カニエ夫妻(@kimkardashian/instagram)

 米セレブタレント、キム・カーダシアン(37)と夫でラッパーのカニエ・ウェスト(40)の間に15日、代理母を通じて第3子が誕生したことが分かった。

 ロサンゼルスのシーダーズ・サイナイ医療センターで誕生したのは体重3345グラムの元気な女児。翌日、キムは自身のSNSで「カニエと私は、健康で美しい女の子が誕生したことを報告します。最高の贈り物で私たちの夢を叶えてくれた代理母や、医師や看護師の皆さんに感謝します」と喜びのメッセージを公開した。

 キムは2013年6月に娘ノースちゃん(4)と15年12月に息子セイント君(2)を出産。だが、ノースちゃんを出産時に血圧が高くなる子癇前症(しかんぜんしょう)と、出産後に胎盤が子宮についたままになる癒着胎盤を発症。

 医師からは子作りを断念するよう警告されたが、リスク承知で妊娠し、セイント君を出産した。3人目を希望していた夫妻は今回、代理母と契約し女児を授かった。名前はまだ発表されていない。

 カーダシアン家ではキムの妹クロエ(33)が恋人のNBA選手トリスタン・トンプソン(26)との間に第1子を妊娠中で、異父姉妹の末っ子でスーパーモデルのカイリー・ジェンナー(20)も恋人でラッパーのトラヴィス・スコット(25)との間に第1子を妊娠している。