24
February , 2018
Saturday


【訃報】米人気ドラマ「Glee(グリー)」の俳優M・サリングさん死亡

2018年1月31日(水)04時00分更新
Pocket

トラブル続きだったサリングさん(@mark__salling/instagram)

トラブル続きだったサリングさん(@mark__salling/instagram)

 日本でも人気の米ドラマ「Glee(グリー)」の元主要キャストの1人、マーク・サリングさんが現地時間30日、ロサンゼルス近郊で死亡したことが分かった。死因は発表されていないが、自殺とみられる。35歳だった。

 サリングさんは2015年12月に児童ポルノ所持の疑いで逮捕・起訴された。昨年10月の公判では罪を認め、4年~7年の禁錮刑が確定。3月には量刑が言い渡される予定だった。

 テキサス州ダラス出身で、ピアノやギターなど多くの楽器をこなすマルチプレーヤーとして「ジェリコ」のステージネームで08年にソロデビュー。翌年からは「Glee」でアメフト部の不良学生ノア・パッカーマン役に抜擢され、15年シーズンまでレギュラー出演していた。

 米芸能サイト「TMZ」によると、サリングさんは自宅のあるサンランドの森を流れる小川のほとりで首を吊っているのを発見され、死亡が確認された。

 グリーで主演の1人、チアリーディング部の顧問のスー・シルベスター役を演じている米女優ジェーン・リンチ(57)はサリングさんの急死にショックを隠せない様子で、TMZの問いかけに「悲しい…悲劇です」とだけコメントした。

 サリングさんは児童ポルノ所持で逮捕される2年前には、元恋人からDV(家庭内暴力)で訴えられ、270万ドル(約2億9300万円)の支払いが命じられるなど、トラブル続きだった。