23
June , 2018
Saturday


ラジオ番組「アイドル☆パンチ」のスピンオフライブ「アイドル☆パンチナイト! Vol.4」開催

2018年2月1日(木)11時00分更新
Pocket

 3月まで放送延長が確定した、RADIO BERRY(FM栃木)毎週木曜日21時から放送中の音楽情報番組「ギュウゾウと里咲りさのアイドル☆パンチ! 」。電撃ネットワークのギュウゾウさん(Twitter@gyuzo_rock) が、しゃちょーという愛称をもつ里咲りさちゃん(Twitter@risamusic925)との軽妙なやり取り(りさちゃんは根に持っているような……後ほど記事にて書きます)が定評のある番組です。こちらはアイドルやそのほか、各界の著名人が出演しているので、ぜひご視聴ください。 そして同番組のスピンオフライブ「アイドル☆パンチナイト! Vol.4」が1月18日東京・新宿ロフトにて開催されました。

 ギュウゾウさんと言えば、人気アイドル総登場「ギュウ農フェス」を主宰しており、そちらに出演した人も大勢いるわけですが、今回は、アイドル☆パンチの冠です。 スタート前には、ライブ出演メンバーの、Zombie Powderとりさちゃんが、ファンの目の前で作る手形が販売されてるなどのんびりモードでした。「トップバッターは、ライターとしても呼び声の高い、「姫乃たま」ちゃん(Twitter@Himeeeno)。平日開催ライブとあって、スタートの18時30分は満員というわけではないのですが、「私のファンのメインは、この時間はまだオフィスにいると思います」とコメントして、笑いでも盛り上げてました。ちなみに2月11日は、たまちゃんバースデーで、東京・新宿ロフトプラスワンにて、「姫乃たまの、よい誕生日の過ごし方を開催します。ゲストが、この日も仲良くトークしていたりさちゃん、ぱいぱいでか美ちゃん、水野しずちゃんと、彼女の周辺の重要人物が登場しますので、そちらもぜひどうぞ。

 そしてしゃちょーこと「里咲りさ」ちゃん登場。「魂」と「ロックンロール」が今年のテーマであり、ワンマンでの日本武道館開催を目指しており、シャウトして、ロックな部分も見せてくれましたねぇ。2月5日には、同じ新宿ロフトにて、「里咲りさ×大森靖子 ツーマンライブ~社長、でかいことしましょう!~」が開催されますので、そちらも熱いライブへの期待大です!

 続いて「Zombie Powder」のパフォーマンスは、5人の揃ったパフォーマンスと独特の楽曲センスが輝きました。ファンもサイリウムを十字にしたり、名前の通りの退廃ムード炸裂です。開始前の手形販売のときの可愛らしさと全く別のカッコいいライブが最高でした。 そこから「アイドル☆パンチ」のラジオ番組の公開風トークで、出演ユニットから各選ばれたメンバーが登壇。「ギュウゾウさんがひどいんですよ!」と公開糾弾し(笑)、登壇メンバーのみならず、ファンにも自分が頑張らないと番組にならないかを訴えるりさちゃんでしたけど、それを聞いて笑い続けるギュウゾウさん(笑)。「最近、しゃちょーはテレビに出ているし、トーク力がついたと思うから、僕がスキルを上げたんじゃないかと(笑)」と、自分がやらせている雰囲気に持っていくあたりは、さすがベテラン芸能人!

 トークに続き、「エレクトリックリボン」が登場! アイドル以外にも、DJだったり(DJ四捨五入)、ライターだったり、酒飲みだったり(笑)、あらゆる局面で八面六臂の活躍を見せるericaちゃんが在籍しているアイドルユニット。結成から10年オーバーという実績もさることながら、可愛らしいアイドルというイメージを裏切らないパフォーマンスが最高です。ちなみにericaちゃんは、2018年9月に同ユニットの卒業が発表されており、まだ8月あるとはいえ、1回1回のパフォーマンスが重要なのでしょうね。

 さらに続くのは、ダークなライティングの中でパフォーマンスを切れ味鋭く見せてくれた、3rdシングル「SOIL」が2月10日に発売される「There There Theres」。ファンのコールも熱気を会場内に膨れ上がります。 そこに登場したのが、ゲイアイドルの「二丁目の魁カミングアウト」。リーダーである、ミキティ本物ちゃん(さん?)は、アイドルのコレオグラファーも務めており、メンバーたちのライブパフォーマンスは、「ザ・アイドル」そのもの!

 トリを飾ったのは、ライブはこの辺りから会場も満員に膨れ上がり、元BiSのコショージメグミが在籍する現代音楽テイストがサウンドに散りばめられた「Maison book girl」。エネルギッシュさとアイドルと、ロックらしさが融合されており、必見のパフォーマンスと必聴のサウンドは、耳の中で脳の中で暴れるがごとし。カッコよさも抜群でしたね。 ライブの熱狂から続く、栃木県産のお土産を手渡すときのギュウゾウさんのゆるくまったりとしたギアチェンジ感など、最初から最後まで緩急のつきまくりな熱いアイドルたちの今を知ることができるライブでした。

 

 4月8日には、ギュウ農フェスの開催が発表されました。出演ユニットの件は、また別記事にてご紹介いたします。 記事/写真=麻雅庵(Twitter@an_asaga_otft)