24
February , 2018
Saturday


G線上のホース 東京新聞杯 「負けても良いから」

2018年2月3日(土)07時30分更新
Pocket

東京11R 東京新聞杯

復習を怠る者には勝利の女神は微笑んでくれません。先週は予想した3つのレースとも的中にはなりませんでしたが、忘れずに振りかえっておきます。根岸Sは完全に馬場の読み間違え。土曜日は先行有利の馬場でしたが、日曜日は時計も出て差しが決まりやすい馬場に変わっていました。その時点でもう予想を根底から覆さないといけません。アキトクレッセントは超ハイペースを追い掛けて失速し、差し馬の餌食に。現代競馬では馬場が読めれば、まず勝利に近づけます。何よりも自分で当日の馬場を読める様になれば、競馬がより楽しくなるはずです。
そういう意味でシルクロードSは馬場読みこそ当たったものの、本命馬セカンドテーブルが行けず…。これは防げたかもしれませんが、ある程度のリスクを承知で推奨したのである意味、諦めの付く結果でした。今週も馬場読みが難しいですが、少しでも良い予想を提供出来ればと思います。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】ダイワキャグニー 自信度★★★★☆

◎ダイワキャグニー
○アドマイヤリード
▲リスグラシュー
△ダノンプラチナ
△グレーターロンドン
△サトノアレス
☆ストーミーシー

中山金杯の時にも指摘したが、ダイワキャグニーは右回りの走りと左回りの走りが全く異なる。案の定、9着に負けた弥生賞の様に前走の中山金杯では5着に敗れたが、むしろよく走れていた部類。地力強化という意味では、それが改めて確認出来たレースだった。今回は得意の左回りでのマイル戦。3走前の毎日王冠(4着)はディープインパクト産駒が上位を独占した差し・追い込み有利の馬場で距離も少し長かった。2走前のキャピタルSこそがこの馬の本来の走り。ここで買わずにどこで買う。ある意味、正攻法で乗って負けたら仕方の無いレース。それ位の勝負度合いだし、金額も厚めに攻めてみたい。相手にはハマった時の脚が強烈な牝馬2頭に要注意。馬券は単複と馬連、馬単で組み立てる。

京都11R きさらぎ賞

【推奨馬】ダノンマジェスティ 自信度★★★☆☆

◎ダノンマジェスティ
○グローリーヴェイズ
▲カツジ
△サトノフェイバー
△ラセット

基本的に良質のディープインパクト産駒から買えばまず外さないのがきさらぎ賞。今年は出走馬10頭中4頭がディープインパクト産駒で変に捻る必要は全く無さそう。未知の魅力を取るか、重賞実績を取るかは各人に委ねられるが、重要視したいのはレースの中身。
推奨するのはダノンマジェスティ。昨年の皐月賞馬アルアインの全弟にあたるが、とにかく新馬戦の内容が濃い。1000m通過は64.1秒と新馬戦によくある超スローペース。実質、最後の直線の上がり勝負になったが上がりの3Fは33.0秒。上がり2位の馬(4着)に0.5秒差を付けている上に、レースの上がりも11.3→11.2→11.0の加速ラップだった。数字を見てからレース内容を評価するのを否定する訳では無いが、レース内容から数字を見返してみると「なぜその馬が強く見えたのか」が分かる時が有る。同じ開催(シクラメン賞)で驚異的な強さと速さを見せたオブセッションが弥生賞でも通用するかどうかは、ある意味このレースで分かるかもしれない。相手には中京で差し損ねたグローリーヴェイズ、先行力が魅力のカツジが本線。馬券は◎→○▲→印各馬への3連単フォーメーションに絞ってみたい。

【純・推奨馬】

東京10R 金蹄S モズアトラクション 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
昨年の9月の未勝利戦を9着と負けた時点で競走馬生命が絶たれてもおかしくなかったモズアトラクション。陣営が取った策は1000万下のダート戦への転戦だった。初ダートのここで良い脚を使って4着に入り、出走権利を獲得。次走は実質格上の500万下を使っての大楽勝だった。ここから一気に3連勝してしまうのだから、本当に競馬は面白い。このエピソードが広く知れ渡る様な活躍をモズアトラクションに期待したいし、東京のダート2100mは脚質的にも合う。

東京4R 3歳メイクデビュー(ダ1600m) コヨーテビュート 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
母父のウォーエンブレムは社台グループが種牡馬として期待しスタリオンに導入した米2冠馬。あのサンデーサイレンスが亡くなった直後だっただけに期待も大きかったが、種付け時に牝馬に興味を示さず、毎年数少ない産駒しか残せず決して成功とは言えない結果に終わってしまった。そんな中でも秋華賞馬ブラックエンブレム、阪神JF勝ちのローブティサージュを輩出しており、血統のポテンシャル自体は高かったのは否定出来ない。コヨーテビュートの母リントスはジャパンダートダービーを制したカフェオリンポスの半妹でダートの新馬戦勝ち。そこに急逝したドバイミレニアム直系のモンテロッソとの配合とは本当に夢が溢れている。東京ダートのマイル戦は合うので馬券でも狙う。