18
June , 2018
Monday


◎血統予想 【東京11R・ダイヤモンドS】【京都11R・京都牝馬S】【東京10R・白嶺S】

2018年2月16日(金)02時03分更新
Pocket

【東京11R・ダイヤモンドステークス】

準OPの身ながら、全3勝を東京芝2400mで挙げているホウオウドリームに期待する。桜花賞、エリザベス女王杯などGⅠ5勝の名牝メジロドーベルの8番子となる。勝ち星では夕月特別など4勝を挙げた7番子のレーヌドブリエが上回っているが、これまでの産駒の中では間違いなく一番の大物候補だ。牝系は古臭いとはいえ、モーリスの登場で久しぶりに脚光を浴びるメジロボサツ系。父ルーラーシップも菊花賞馬キセキを出したようにスタミナ豊富な種牡馬だ。3400mのハンデ戦なら、格上挑戦でも十分勝負になる。

◎ホウオウドリーム
○フェイムゲーム
▲プレストウィック
△リッジマン
△ソールインパクト
△レジェンドセラー

【京都11R・京都牝馬ステークス】

◎ワンスインナムーン
○ミスパンテール
▲ミスエルテ
△ソルヴェイグ
△サザナミ
△デアレガーロ

【東京10R・白嶺ステークス】

◎レッドサバス
○レッドオルバース
▲ハルクンノテソーロ
△エニグマ
△イーグルフェザー
△タイセイプレシャス